ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界遺産 登録されたら利点あるが住民に迷惑がかかる例あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 八幡製鉄所や軍艦島などの「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」が新たに世界遺産になる見通しだ。6月28日からドイツで開かれる世界遺産委員会で正式に登録が決まる。

 登録されれば2013年の富士山、2014年の富岡製糸場に続いて3年連続。日本の世界遺産は計19件になる。「登録」されて世界遺産になると、そんなにいいことばかりなのだろうか?

 世界遺産とは、ユネスコの世界遺産条約に基づいて「世界遺産リスト」に登録されたものをいう。

「2015年5月現在、世界には自然遺産197件、文化遺産779件、複合遺産31件の合計1007件あります」(『世界遺産入門』〈シンクタンクせとうち総合研究機構刊〉著者で世界遺産総合研究所所長古田陽久さん)

 自然遺産とは自然の景観や、貴重な動植物の棲息地など。文化遺産は歴史、芸術、学術上の意義を持つ建造物や記念物など。複合遺産は自然と文化両方の価値を持つものだ。

 いずれも「顕著な普遍的価値」を有することが条件になっている。「世界遺産検定」を主催するNPO法人世界遺産アカデミー研究員の本田陽子さんが解説する。

「平たくいえば、どんなに育った環境や文化が違った人が見ても『これはすごい!』と感激したり、驚いたりできるものです」

 日本では観光地としての「お墨付き」をもらうブランドのような感覚で受け取られがちだが、本来の目的は違う。

「あらゆる脅威や危険から遺産を守っていく。世界人類共通の宝物を保護していくことが目的です」(古田さん)

 だが、世界遺産になってもユネスコからの金銭的な援助などは何もない。保護は全面的にその国に委ねられる。

 そもそも世界遺産登録のためにはいくつものハードルを越えなければならないし、登録後の保護の維持も容易ではない。それでも自治体や国が世界遺産登録に躍起になるのは、次のようなメリットがあるからだ。

「非常に大きいのが経済効果です。富岡製糸場は、年間の観光客が5倍強の140万人に急増しました。観光客が来れば宿泊したり食事をしたり、お土産を買ったりと、お金を地元にたくさん落としてくれるから、地域の経済効果は計り知れない」(本田さん)

 2013年に世界遺産になった富士山の経済効果は100億円といわれている。観光客増加に伴い、周辺の道路などのインフラ整備も進む。

「例えば『白川郷・五箇山の合掌造り集落』周辺は世界遺産登録後、高速道路が通じて非常に便利になりました。それは観光客だけでなく、地元の人にとってもメリットが大きい」(古田さん)

 そうした“目に見える”効果だけではない。

「世界遺産があることで地元住民が“ふるさと”に自信が持てる。地元の文化を見直すきっかけにもなります」(本田さん)

 一方、デメリットもある。『白川郷~』の場合、現在も地元住民が暮らしているため、こんなトラブルがあった。

「観光客に勝手に家の中を覗かれたり、戸を開けられたりするなどプライバシーの問題が浮上しました」(本田さん)

 また観光客が押し寄せることで激しい交通渋滞が起こり、地元住民の生活に悪影響が出るケースも少なくない。

「大勢の人が来ることで、マナーの悪さといった問題も起こります。富士山でも、立ち小便やゴミのポイ捨て、落書きなどの行為が問題になりました」(古田さん)

 さらに、自然遺産では外来種の被害など深刻な問題が起こっている。誰もが世界遺産歓迎というわけではない。笑う人もいれば泣く人もいる。決していいことばかりではないことを知っておこう。

※女性セブン2015年6月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
世界遺産が最も多い国はイタリアで47件 日本は16件で14位
世界遺産登録で売り上げ3倍 “富士山仕様”のカラーコーン
世界遺産目前の富士山だが登山道やブルドーザー道の傷跡多し

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP