ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャイアント馬場 プロ野球デビューから現役断念までの足跡

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 30年以上もプロレスを追い続け、海外レスラーとの交流も多いライターの斎藤文彦氏が、ジャイアント馬場とアントニオ猪木、ふたりのスーパースターの活躍を軸として日本プロレスの軌跡を振り返る。以下、週刊ポストでの同氏による連載「我が青春のプロレス ~馬場と猪木の50年戦記~」から、プロレスラーになる前の馬場についての抜粋をお届けする。

 * * *
 ジャイアント馬場(本名・馬場正平)は昭和13年1月23日、新潟県三条市出身。

 昭和40年代の専門誌『プロレス&ボクシング別冊』(ベースボール・マガジン社)の記事には、馬場自身のコメントとして、こんな記述がある。

「わしの誕生日は1月23日。横文字でいうと“ワン・ツー・スリー”。プロレスのフォール勝ちには、なんとしても必要な数字だ」

 馬場が本当に自分を“わし”といったかどうかはさだかではないが、コメントのすぐあとには「ジャイアント馬場はなかなかうまいことをいう」という執筆者の感想が記されている。

 馬場は少年時代から体が大きく、高校に入学したときは、すでに身長が2メートルを超えていた。三条実業高校時代は野球部で活躍し、“超高校級大型ピッチャー”として早くから注目された。

 昭和29年夏、馬場が“2年生エース”のとき、三条実業高は甲子園の新潟県予選1回戦で長岡高校に敗退。しかし、読売ジャイアンツからスカウトされた馬場は同年、高校を中退して、プロ野球選手となった。まだドラフト制のない時代だった。

 昭和29年12月、17歳で巨人と契約した馬場は、翌30年の春季キャンプからチームに合流。背番号は59。同期入団には森祇晶(当時は昌彦)、国松彰らがいた。

 巨人には昭和30年から昭和34年まで5シーズン在籍したが、一軍での登板は昭和32年のシーズン中の3試合(先発は1試合)のみで、成績は0勝1敗。打者26人に対して7イニングスを投げ、被安打5、奪三振3、失点1、自責点1、防御率1.29という数字がNPBの公式記録に残っている。

 馬場にとっての巨人時代のいい思い出は、昭和32年9月、甲子園球場での阪神タイガース戦で“牛若丸”吉田義男(のちの阪神監督)を三塁ゴロに打ち取ったワンシーンだという。2メートル9センチの長身の馬場と167センチ(資料によっては162センチ)の小柄な吉田の対戦は、いまだったら、もっと話題になっていたかもしれない。

 馬場は昭和34年11月、巨人を戦力外となり、翌35年春、テスト生として大洋ホエールズの春季キャンプに参加したが、キャンプ地の兵庫県明石市の宿泊先の浴室で転倒し、割れたガラスの破片で右ヒジの内側じん帯を断裂。野球選手としての現役生活を断念した。

■斎藤文彦(さいとう ふみひこ)/1962年東京都生まれ。早稲田大学大学院スポーツ科学学術院スポーツ科学研究所修了。コラムニスト、プロレス・ライター。専修大学などで非常勤講師を務める。『みんなのプロレス』『ボーイズはボーイズ-とっておきのプロレスリング・コラム』など著作多数。

※週刊ポスト2015年5月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ジャンボ鶴田の就職時「尊敬する馬場さんの会社選びました」
A・猪木 プロレスの枠を超える「対世間」を意識していた
「G馬場は1960年代の米遠征1年間で1億稼いだ」との証言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP