ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Char10年振りのオリジナル・アルバムと、未配信タイトル7作品を同時配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Char、10年ぶりのオリジナル・アルバム「ROCK+」が、未配信シリーズ「TRADROCK」7作品と合わせて、聴けるようになった。

5月22日より「Char」10年振りのオリジナル・アルバム「ROCK+」の配信がスタート。十二支をキーワードに制作された本作の楽曲提供・プロデュースを務めるのは、奥田民生、松任谷由実、福山雅治、泉谷しげる、山崎まさよし、布袋寅泰、宮藤官九郎、佐橋佳幸、ムッシュかまやつ、石田長生、佐藤タイジ、JESSEの12人。さらに、楽曲参加ミュージシャンとして、阿部サダヲ、屋敷豪太、スカパラホーンズ、KenKen、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、有坂美香、エマーソン北村らがラインナップされており、2015年上半期最大の豪華ミュージシャンたちが集結した1枚となっている。

また、この記念すべき「ROCK+」配信に合わせて、Char未配信タイトル7作品も同時配信がスタート。今回リリースされた作品は、Charファンから非常に高い人気を誇る「TRADROCK」シリーズ。Char本人が、自身に多大な影響を与えた アーティストの楽曲カバーに「一発録り」で挑んだ意欲作である。現在、「TRADROCK54」「TRADROCK “Jimi” by Char」「TRADROCK “Jimmy” by Char」「TRADROCK “The V” by Char」「TRADROCK “The B” by Char」「TRADROCK “Jeff” by Char」「TRADROCK “Eric” by Char」の7シリーズが配信されており、Eric Clapton, Jeff Beck, The Beatles, The Ventures, Jimmy Page, Jimi Hendrix といった偉大なミュージシャンのカバーにCharが挑んでいる。

尚、今回の配信はデジタル音楽ディストリビューションサービス TUNECORE JAPAN 経由で行われている。音楽原盤権を持つ利用者であれば、誰でも世界中で音楽を販売することが可能になるデジタル音楽サービスである。先日、坂本龍一の80 年代アルバム8作品がリリースされたことでも話題を呼んでいたが、今後こうしたオンラインサービスを通じて、今日までデジタル市場に出ることの 無かった音楽作品のオンライン配信が、より一層加速していきそうだ。

関連リンク

オフィシャルサイトhttp://rockplus.zicca.net/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP