体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キャラメルのパッケージで直木賞作家の小説に心あたため、優しい味に癒されよう。寛ぎのひとときを森永が提案

森永製菓は、2015年5月下旬より「ミルクキャラメル」「あずきキャラメル」、6月2日に新発売される「ココナッツミルクキャラメル」にて、人気の直木賞作家 角田光代・朝井リョウ両氏による書き下ろし小説が掲載された限定品を発売する。

「森永ミルクキャラメル」は、森永製菓の原点ともいえる馴染み深い商品。
この度、角田光代・朝井リョウという直木賞作家2名による「キャラメル」をテーマにしたオリジナル小説をパッケージ内側に掲載した商品を、8月までの期間限定で発売する。

今回書かれる小説は、多くの人々に愛されてきたミルクキャラメルのように、誰が読んでも、キャラメルと自分の思い出を投影できる心あたたまるストーリーになっている。

「ミルクキャラメル」は、発売102年目のロングセラーのお菓子。ミルクのコクとやさしい甘さが魅力の変わらない美味しさ。

「あずきキャラメル」は、北海道十勝産あずきを使った上品でさっぱりとした甘さのキャラメル。

新発売される「ココナッツミルクキャラメル」は、ココナッツミルクの濃厚な味わいのキャラメル。いま話題のフレーバーで夏を感じさせる爽やかなキャラメルだ。

小説を読む時間にキャラメルをおともにすることで、さらに寛いだ癒しのひとときを過ごせることを実感してみよう!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。