体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SIMロック解除したら使える?各社の解除条件と周波数帯

SIMロック解除したら使える?各社の解除条件と周波数帯2015年5月1日より義務化が始まった「SIMロック解除」。それに伴い大手キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクの各社が解除条件について発表をしました。「横並び」という声もチラホラと目につきますが、細かなポイントを見ると若干の違いがあります。今回はその違いと、各キャリアで利用可能な周波数帯を再確認します。
各社のSIMロック解除状況
義務化により、各社から発表された対象商品と解除条件を確認しましょう。

各キャリア対象製品と条件(2015年5月以降

 

ドコモ

au

ソフトバンク

対象商品

2015年5月1日以降に発売したスマホ(ケータイ)、
タブレット、モバイルWi-Fiルーター

条件

回線契約がある状態かつ契約者本人名義の端末が、
購入から180日(6カ月)を経過した状態であること。

解約後

3カ月以内

購入履歴確認
要:本人確認書類

90日以内

 

対象となる商品と受付開始時期については、各社ともに横並びといえる状況。唯一違うのは、各キャリアの回線契約解除後の対応です。

ドコモとソフトバンクは、3カ月以内もしくは90日以内でないと、以前契約していた本人であっても購入した端末のSIMロック解除は行えません。また、解除料金として3,240円かかります。

一方、auは端末の購入履歴が確認できれば、auショップでSIMロック解除が可能。また現在のところ受付期間の制限は設けられていません。申し込みの際には本人確認書類と、解除料として3,240円かかります。
各社の対応状況がわかりましたが、店頭でないと受け付けてくれないのでしょうか?そちらの状況についても紹介します。

 

2015年5月以前のドコモ端末はどうなる?

 

SIMロック解除したら使える?各社の解除条件と周波数帯

ドコモは義務化となる前からiPhoneを除く、Androidスマホやケータイ、タブレット、モバイルルーターのSIMロック解除を有料で行っていました。しかし、今回の義務化を受けて、一部ルールの改正がされ、従来の店頭での対応から変更。詳細は以下の通りです。 

 

Web

店頭

コールセンター

スマホ / タブレット
(Android)

iPhone / iPad

ケータイ

X

X

モバイルルーター

X

X

※表中の記号は各窓口の対応状況を示します。◯は無料解除、△は有料3,240円で解除、Xは解除できません。

Webや店頭、コールセンターでの電話受け付けによって料金と、対応可能な機種が異なります。スマホ / タブレット、iPhoneなどのiOS端末は、Web上のマイページ「マイドコモ」から手続きを行えば無料でSIMロック解除ができます。ただし、店頭やコールセンターを通じて解除する場合は、有料による受け付けとなっており3,240円かかります。

Webからのメリットは、待ち時間がなく無料で行える点。デメリットは自分でやらないといけないので、ちょっと面倒なんじゃないかなと思えてしまうところでしょうか?なお、ケータイとモバイルルーターの解除に関しては店頭のみの受け付けになっており、こちらは無料です。若干内容に違いがあるので、注意が必要ですね。

これらのルールが適用されるのは、5月1日以降に発売された端末ですので、現在販売中のドコモ端末には該当するものがありません。先日行われた発表会にも登場した「Galaxy S6 edge SC-04G」と「Galaxy S6 SC-05G」は、年4月23日に発売したので、新ルールではなく旧ルールでの扱い。 

1 2 3次のページ
デジタル・IT
SIM通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会