ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【無言の抵抗】70台の車いすが駅前駐車場を占拠してでも伝えたかったこと。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これはグルジアの首都トビリシ、人で賑わうラステーブリ駅前駐車場の風景です。画像をよく見てみると、駐車スペースに何やら整然と居並ぶモノが…。

Reference : Sandro  Tsitskishvil

もっと近づいてみて見れば、なんとそれはすべて「車いす」。その数なんと70台が、駐車スペースを占拠しているではありませんか。ただひとつ空いているのは、障がい者専用駐車スペース。

Reference : Sandro  Tsitskishvil

何のつもりでこんな嫌がらせを? と思ったのはグルジア市民でしょう。

Reference : Sandro  Tsitskishvil

駐車しようと思って来たのに、素通りするしかないドライバーたち。「いったい何なんだ?」とでも言いたげな困惑顔です。

じつはこのプロジェクトを仕掛けたのは「Tree Of Life Healthcare」という、米・ジョージア州のNPO医療財団です。彼らは昨年12月3日の『国際障がい者デー』に、駐車スペースがないことが障がい者の人にとって、どれほど不便かを体感してもらうために行ったデモンストレーションでした。

Reference : Sandro  Tsitskishvil

Reference : Sandro  Tsitskishvil

作戦実行、一斉に車いすを並べ始めるスタッフたち。

Reference : Sandro  Tsitskishvil

簡単には退かされまいと、車1台のスペースに2台ずつ車いすを並べていきます。

Reference : Sandro  Tsitskishvil

この異様な光景をいち早く市民がSNS上にアップすると、たちどころに整列した車いすが拡散。車いすを並べ始めてから約40分後、多くのメディアが駅前に駆けつけました。

Reference : Sandro  Tsitskishvil

この日、車いすが撤去された後も、障がい者専用駐車スペースには、違法に停める車は現れなかったそうです。ほんの数時間の小さなアクションが、多くの人の行動に影響を与えたのは間違いないようです。

Reference : Sandro  Tsitskishvil

Licensed material used with permission by Sandro  Tsitskishvili

 

関連記事リンク(外部サイト)

【異常事態!】パリの大気汚染がただごとじゃない。一時、世界最悪レベルでエッフェル塔が霞む日も。
とあるバーが、泥酔者に仕掛けた街頭広告。ハッシュタグ「#nomisugi」が海外で話題沸騰!
「生後35日でガス室に送られる若鶏」。英・国営放送が映し出した、ケンタッキーの裏側。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP