ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元ド軍監督 「野茂英雄は日本のジャッキー・ロビンソンだ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「これからどんどん日本からメジャーに行く選手が出てきてほしい」

 野茂英雄がドジャースタジアムの狭いクラブハウスで私にそう語ったのは1995年6月のことだった。

 所属していた近鉄球団との全面対決、日本球界やメディアからの逆風を受けながらの渡米だった。この発言があったのは、ようやく本来の実力を発揮してトルネードがうなりをあげ始め、アメリカの野球ファンにも注目されるようになった頃である。

 あれから20年。日本人メジャーリーガーは今や通算50人を超える。日本人選手たちにとってメジャーでプレーすることはもはや夢へのチャレンジから、海を渡るだけの移籍へと変わりつつあるように感じられる。“野茂以前”は遥か彼方にあった「メジャーの野球」は、それほど身近なものになった。
 
 その変化は時の流れだけでなく、野茂の頑張りが呼び寄せたものだ。現役を引退する前年(2007年)のオフ、野茂は語った。

「自分がパイオニアだという意識はない。基本的には自分がやりたいから来ただけのことです。ただしひとつだけあるとすれば、自分は『日本人のレベルはこんなものか』と思われるのがイヤだった」

 その強烈な思いが新人王に輝く1年目のセンセーショナルな活躍をもたらし、2度のノーヒッターという快挙を達成させた。そして、メジャー通算123勝という数字に繋がった。
 
 野茂を迎え入れた当時のドジャース監督で、87歳になったトミー・ラソーダは年齢を感じさせない大声でまくしたてるように語る。
 
「ヒデオは単にチャレンジしただけでなく、大きな成功を収めた。彼がメジャーでデビューするまでの30年間、日本人はメジャー選手と力量を比べることができなかった。彼の大きな業績はそこにある。だからこそ次々に日本人選手がメジャーにやってきた。彼は日本のジャッキー・ロビンソンだ。MLBの殿堂に入る資格は十分にある」

●文/出村義和(MLB解説者・ジャーナリスト)

※週刊ポスト2015年5月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
近鉄・鈴木啓示監督とエース・野茂英雄の確執が生まれた瞬間
「MLBに日本人選手はもういらない」 MLB側の本音満載の書
MLBの日本人最多登板 1位は長谷川滋利、2位斎藤隆、3位野茂

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP