ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

費用対効果バツグン! 首位を走るDeNAがもっと讃えられてもいい理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

費用対効果バツグン! 首位を走るDeNAがもっと讃えられてもいい理由

 日本プロ野球選手会は18日、選手会に加入する支配下選手732人(外国人選手、育成選手、出来高払いは除く)の今季の年俸調査結果を発表した。

 今季の12球団平均年俸は前年比133万円増の3,811万円で、4年ぶりにプラスとなった。リーグ別ではパが平均3,834万円、セが平均3,788万円。パの平均額がセを上回るのは1997年以来、18年ぶりのことだ。

 調査結果には球団別の平均年俸も記されている。この数値と今季の順位を見比べると実に興味深い。セ・パそれぞれで見ていこう(※リーグ戦の順位は調査結果が発表された5月18日時点)。

〈セ・リーグ 年俸順位〉

◎1位 読売ジャイアンツ
年俸総額42億7,350万円/球団平均6,893万円/1軍平均1億709万円
→リーグ戦の順位は2位

◎2位 阪神タイガース
年俸総額22億590万円/球団平均3,558万円/1軍平均6,082万円
→リーグ戦の順位は4位

◎3位 中日ドラゴンズ
年俸総額20億9,542万円/球団平均3,435万円/1軍平均4,573万円
→リーグ戦の順位も3位

◎4位 広島東洋カープ
年俸総額20億8,780万円/球団平均3,367万円/1軍平均6,461万円
→リーグ戦の順位は5位

◎5位 東京ヤクルトスワローズ
年俸総額18億1,415万円/球団平均2,926万円/1軍平均4,797万円
→リーグ戦の順位は6位

◎6位 横浜DeNAベイスターズ
年俸総額15億150万円/球団平均2,503万円/1軍平均2,627万円
→リーグ戦の順位は1位

 まさに「桁が違う」巨人の年俸総額には改めて驚かされる。だが、その巨人と比較して総年俸でいえば約3分の1、1軍平均では4分の1の年俸で首位を走るDeNAの「効率の良さ」がひと際目を引く。このままDeNAの“下克上”が続くかに注目だ。

 ちなみに、ヤクルトとDeNAの総年俸がひと際低いのは、1億円プレーヤーが少ないからだ。年俸が1億円を超えている選手はヤクルトが3人、DeNAは2人だけ。特に、DeNAは野手で最も年俸が高いのは石川雄洋【写真】の6,000万円だが、打撃成績上位を見ると、トップ10に日本人選手が一番多い(DeNAが3人、中日が2人、広島、ヤクルトが1人ずつ。残り3人は外国人選手)。チーム成績、個人成績ともに好調を維持すれば、このオフ、一気に1億円プレーヤーが増えるかもしれない。

〈パ・リーグ 年俸順位〉

◎1位 福岡ソフトバンクホークス
年俸総額34億2,100万円/球団平均5,798万円/1軍平均9,829万円
→リーグ戦の順位も1位

◎2位 オリックス・バファローズ
年俸総額27億2,330万円/球団平均4,464万円/1軍平均6,860万円
→リーグ戦の順位は6位

◎3位 北海道日本ハムファイターズ
年俸総額20億2,065万円/球団平均3,259万円/1軍平均6,349万円
→リーグ戦の順位も3位

◎4位 埼玉西武ライオンズ
年俸総額19億8,840万円/球団平均3,314万円/1軍平均5,720万円
→リーグ戦の順位は2位

◎5位 千葉ロッテマリーンズ
年俸総額19億6,150万円/球団平均3,269万円/1軍平均5,778万円
→リーグ戦の順位も5位

◎6位 東北楽天ゴールデンイーグルス
年俸総額18億1,415万円/球団平均2,956万円/1軍平均5,332万円
→リーグ戦の順位は4位

 ソフトバンクが他を大きく引き離し、その後を追うオリックス。他の4チームは比較的同じ程度の年俸予算を組んでいるのがパ・リーグの特徴だ。

 その中でもやはり注目すべきは、パ・リーグ年俸総額2位、12球団で見ても3位の予算をかけたオリックスの不甲斐なさだ。大型補強を敢行し、開幕前は話題をさらっていたものの、主力選手の不調、故障者の続出で、開幕から躓いた。2ケタの借金や、この順位が続くようでは、このオフ、大粛清が行われてもおかしくないが、高額年俸者ほど複数年契約を結んでいるもの。しわ寄せが若手や中堅選手に向かないかが今から心配でもある。

 もちろん、ペナントレースはまだまだ前半戦途中。年俸に対して見合った成績だったかどうかを判断するのは早計だ。高額年俸選手は相応の成績が期待できるからこそでもあり、これから巻き返す可能性は大いにある。

 お金をかけたから単純に強くなるわけでもないのが、野球という競技の難しさであり、面白さでもある。シーズン終盤にこの「お金と順位」の関係性がどうなるかも含め、追いかけていくべき数字だ。

 『週刊野球太郎』では、『プロ野球格差対決2015』と題し、体格差、年棒差、出身地、境遇といった、さまざまな格差対決を特集! 雄平vs.新井貴浩、三浦大輔vs.松中信彦、西川遥輝vs.石川雄洋……これらは一体、どんな格差対決でしょうか!?

 『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』では、センバツ優勝の敦賀気比、準優勝の東海大四へ独占野球部訪問しました。

※リンクが表示されない場合は、http://yakyutaro.jp/をコピーしてアクセスしてください。
※『週刊野球太郎』と『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』は、auスマートパス、Softbank、ドコモSPモードに対応しています。

■関連リンク
キャスター、記者、オーナーまで……日米野球界、異例の監督就任劇
大阪桐蔭出身vs.外国人選手!?日本一早く、本塁打王争いを楽しめ!
【球界偉人伝】記録にも記憶にも残る男。野球界に革命を起こした江夏豊の伝説【5月15日が誕生日

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。