ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

YouTubeアプリがAndroid Wearに対応、Cast時に再生をコントロールできる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ご存知の方は多いかもしれませんが、YouTube の Android アプリがいつの間にか Android Wear でも利用できるようになっていました。YouTube の Android Wear 機能は、Chromecast や Nexus Player への出力時に再生をコントロールできるというものです。テレビで動画の再生を開始すると、再生キューが作成されますが、その再生キュー内の動画を切り替えたり、テレビ側のボリュームを調節したり、再生の一時停止・再開を手首のスマートウォッチで操作することができます。Android Wear 側の UI は音楽アプリとほぼ同じです。


(juggly.cn)記事関連リンク
「Galaxy A8」は5.5インチフルHDディスプレイやSnapdragon 615を搭載
Android版「Shazam」でAndroid Wearでの聞き取りが可能に、カメラスキャン機能も追加
Google、AndroidベースのIoT機器向けOS “Brillo” を新たに開発

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。