ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、AndroidベースのIoT機器向けOS “Brillo” を新たに開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は、今後急成長が見込まれる IoT (Internet of Things:モノのインターネット)デバイス用のオペレーティングシステムを新たに開発していることを The Information が伝えました。同サイトによると、Google が開発している IoT デバイス用の OS は、Android をベースにしたもので、内部では、“Brillo” というプロジェクト名で開発されているそうです。また、“Brillo” は Android ブランドの下で展開されると言われているので、実際には Android Wear や Android Auto のような Android XX というネーミングで登場すると予想されます。“Brillo” がターゲットにしている IoT デバイスは、メモリ容量が 32 ~ 64MB で 超低消費電力なドアロック、センサー、照明バルブなどの主にスマートホームにまつわる製品とのことです。Source : The Information


(juggly.cn)記事関連リンク
「Galaxy A8」は5.5インチフルHDディスプレイやSnapdragon 615を搭載
Android版「Shazam」でAndroid Wearでの聞き取りが可能に、カメラスキャン機能も追加
YouTubeアプリがAndroid Wearに対応、Cast時に再生をコントロールできる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。