ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

主婦を悩ますブラックパート サービス残業や出勤日不明など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「残業代が払われない」「契約以外の仕事をさせられる」──今「ブラックパート」といわれる過酷なパート現場が増えている。夫の稼ぎだけでは家計を支えられない主婦は、社員採用などの“エサ”をちらつかせられ、おかしいと思っていても辞められない。「ブラックパート」の実態を探った。

 パートのメリットは何といっても、勤務時間や日にちの都合がつくことだ。家事や育児をしなければならない主婦だからこそ、パートを選ぶ人は多い。だが、そのシフトが自由にならないことがある。週4日、スーパーでレジ係のパートをしているA子さん(54才)は言う。

「毎週、出勤する曜日が決まっていなくて、いつシフトが入るかわからない。早く出勤日を知りたいのですが、店長から連絡が来るのは、いつも前日の夜なんです。常に予定を空けておかなければならないので緊張が続いて、不眠症になってしまいました」

 給与でも時間外労働の未払い、いわゆる“サービス残業”を課されるケースがある。

「夕飯の支度に間に合うように、“午後5時まで”の条件でパートを始めました。ところが毎日のように“忙しいのは これからなのに、帰るつもりなのか?”と店長に責められて、帰るに帰れません。しかも居残った分の時給はゼロ。最近は、夫も子供も不満顔です。子供の教育費のこともあるし、やっと見つけた仕事なので辞めるふん切りがつきません」(40才・スーパー勤務)

「ランチタイムだけという契約で、時給780円で働いています。ところが、働いている時間の割に、もらえるお給料が安いんです。ランチのお客さんが帰った後、片づけしてから帰るので、店を出るのはいつも午後3時すぎ。でもバイト代は『ランチタイムが終わる午後2時まで』の分だけ。それってひどくないですか?」(46才・飲食店勤務)

 そうした主婦たちは、前述したようにパート先からクビをにおわされたり、社員登用をちらつかせられたりと、弱みにつけこまれ、言うことを聞かざるを得ない。実際にパート先でそんな経験をした主婦たちはこう話す。

「休みのシフトを組むのは正社員が優先で、いつ休めるかわからない。夫や子供と休みの日を合わせて、家族で出かけることもできません。一度、子供の学校行事の日に休みをもらおうとしたら、クビをにおわされました」(38才・スーパー勤務)

「パートを始めてまだ半年ですが、先輩パートが辞めてしまったので“店長候補パート”という肩書を与えられました。うまくいけば社員になれるかも、と思って喜んで引き受けましたが大失敗。レジ閉めまで任されるようになり、最後の片づけも終えて帰るのは夜10時近く。にもかかわらずもともとのパート契約は8時までなので、時給はそれまでの分しかもらえません。店長になれる気配もなく、責任が重くなっただけで、いいことは何もありません」(50才・ドラッグストア勤務)

※女性セブン2015年6月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
主婦のパート 早朝勤務のビル清掃なら時間を有効活用できる
電話の話し相手サービス 10分140円の歩合制で在宅勤務可能
看護師間バトル「勤務時間延ばすなら訴える」とドスきいた声も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP