ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【今日の誕生日の作家は?】5月22日 中勘助(1885年)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 今日の誕生日の作家を紹介するこの連載。5月22日は『銀の匙』などで知られる中勘助(1885〜1955)の誕生日です。

 中勘助は1885年東京で生まれ、第一高等学校を経て東京帝国大学文学部英文科に進学。高等学校の頃から夏目漱石の講義を受け、国文科に転じ、大学を卒業した後も漱石に師事します。
 1910年に前篇が執筆され、漱石の絶賛を受けたという自伝的小説『銀の匙』は、戦後、灘中学校の国語教師・橋本武氏が教材に採用し、中学3年間をかけて『銀の匙』を読み上げるというユニークな授業が行われました。
 現在では『銀の匙』(岩波文庫ほか)のほかに、『提婆達多』『犬―他一篇』『中勘助随筆集』(すべて岩波文庫)といった著作が入手可能で、いずれも高い評価を受けています。
 今年、生誕130年、没後50年を迎える中勘助。まだ読んだことがない人は、この機会に触れてみるのもいいのかもしれません。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
灘中“伝説の国語授業”とは?
3年間で1冊の本を読む“伝説の国語教師”のユニークすぎる授業
辞書編集の裏側を探る

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP