ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女子力が試される!? 百貨店直伝、エレガントな折りたたみ傘のたたみかた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

150521_umbrella.jpg
梅雨の時期は雨用、紫外線が気になるときは日傘と、これから大活躍の折りたたみ傘。
晴雨兼用傘をバッグのなかに忍ばせている人も多いと思います。いざ使おうとバッグから取り出したときに、たたみかたがぐちゃぐちゃになっていると、それだけでガサツに見え、ヘタをすると部屋まで汚そうに思われてしまいます。
いまのうちに、エレガントでスマートな折りたたみ傘のたたみかたを覚えておきましょう!

 たたむ所作まで美しい、折りたたみ傘のたたみかた


ポイントは大きくわけると、以下の3つです。

1.持ち手を短くするよりも先に、傘の骨を折る
2.折った骨を持ち手側に引き寄せながら、生地を折り目に合わせてたたむ
3.生地をクルクルと巻きつけて、最後に持ち手をしまう

さすが百貨店直伝。エレガントな手さばきは、マネしたいところです。こうすることで折りたたみ傘の姿がキレイになるだけでなく、たたんでいる所作も美しくみえます。
正しい手順でたたむだけでも、傘の持ちがずいぶんと変わってくるそうです。

お気に入りの傘を長持ちさせる方法

 あわせて、お気に入りの傘を長持ちさせる方法も探してみました。

・ハンドクリーム類がつかないようにする(色落ちの原因に)
・くるくる回さない(部品が壊れやすくなる)
・たたむ時は生地を強く締め付けない(撥水加工が取れやすくなる)

ん~どれもついついやってしまっている気がします。
洋服やバッグだけでなく、何気なく持ち歩いている日用品も丁寧に、そして大切に使う姿は、きっと男性の目にも止まるのではないでしょうか。
Kiss umbrella image via Shutterstock
patria


(グリッティ)記事関連リンク
夏にぴったり! 10分で作れちゃう涼しげな「おゆまる」アクセDIY
便秘薬を使うほどじゃないけど…自然にデトックスする3つの新習慣
香りだって衣替え。大人の香水選びの3つのポイント

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。