ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

竹内力が力説で大絶賛 映画『ザ・タウン』男性限定試写会

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
竹内力さん

2月2日、『ザ・タウン』の試写会が都内で行われました。なんとこの試写会、参加できるのは全て男性のみ。会場に来た男性達の前に現れたのは俳優の竹内力さん。『ザ・タウン』の面白さを熱く語っていました。

「男なら黒に染まれ」の如く全身黒の竹内さん

ベン・アフレックが主演・脚本・監督を務める『ザ・タウン』は、「ここに残るか、先へ行くか」という言葉をテーマに作られています。舞台はアメリカでもっとも強盗が多発するチャールズタウン。血と骨を分け合い育ったダグ(ベン・アフレック)と3人の仲間達は、銀行強盗としての完全犯罪を行っていた。あるひ襲撃した銀行で、予定外に人質にとった支店長のクレア(レベッカ・ホール)にダグは少しずつ惹かれていく。クレアとの新しい人生を願うダグ。執拗にダグ達を追い詰めるFBI捜査官のフローリー(ジョン・ハム)。タウンを出るのを許さない仲間のジェム(ジェレミー・レナー)。仲間を裏切るか、愛という希望を失うか・・・・・・。

司会の鷲崎健さん

そんな男らしい作品の試写会は、男性のみが参加できるというちょっと変わった形で行われました。司会はPOAROの鷲崎健さん。鷲崎さんの呼びかけにより登場したのは、男らしい男・ベストオブ漢こと竹内力さん。黒のシャツ、黒のスーツ、そしてシルバーアクセサリー。決まってます。

『ザ・タウン』の面白さを語りました

竹内さんは作品について「この作品は自分を変えたい男が主人公。男としての生き様を描いている。同じ男として相通じるものがあると思う」と薦め、「この作品を作ったベン・アフレックは本当に凄い男だ」とベタ褒め。また、自身の人生の分岐点について「たくさんあった。プライドを捨てても前に行かなくてはいけないことがある。そして今ここに居られる。会社を作って15、6年になるが、思い通りに行かない事もたくさんあった。でもやはりやり甲斐がある」と語った。

『ザ・タウン』は2月5日(土)から、全国で公開。男性だけでなく、女性も楽しめる作品となっています。竹内力が大絶賛するその作品、この休みはこの映画で決まりだ!

『ザ・タウン』公式サイト:www.thetownmovie.jp

■関連記事
過去最高の『シャーロック・ホームズ』ここに現る
草食系男子・ゆとり世代は全員起立! スタローン隊長率いる『エクスペンダブルズ』がスゴい!
終わっても席は立っちゃダメ! 『花と蛇3』はエンドロールまでサービス全開!
最新作も絶好調!今さら人には聞けない『シュレック』シリーズの楽しみ方
映画館でイチバン許せない観客の行為は? 大規模1002人アンケート結果

樹堂の記事一覧をみる ▶

記者:

TwitterID: judo_o

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。