ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

犬好きの女性は、冒険心があってポジティブである「8つの理由」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Elite Daily」女性ライターZara Barrie氏の見解では「プラス思考の自発的な女性は必ずと言っていいほど犬を飼っている」んだとか。
彼女がこう言い切る理由を探ってみると、愛犬と暮らすことで意識する、人生をしなやかに生きる要素がいくつか見えてきました。どうやら、キーポイントは“無償の愛”にあるようです。

愛犬家の女性たちは、他の女性と比べてほぼ180度、視点が違うと思って正解。
大げさに聞こえるかもしれないけど、毎日を犬と一緒に過ごす彼女たちは、まるで家族のように信頼しあう関係を築くことで、自身の内に隠された、“新たな扉”を開くカギを手にしているんです。あなた以外、誰も知ることのない内なる自分。犬と暮らすことで、思いもよらない発見ができることが多々あるんですよ。

くぼんだ瞳に吸い込まれたその瞬間、私たちは本質的に自分とその犬がソウルメイトだと気づきます。抱えこんだ困難から救い出してくれるだけでなく、心穏やかに日々を送ることも。彼らのおかげで地に足をつけて生きていくことができるんです。何より、家に帰ることの楽しみを犬は与えてくれます。

01.
自由気まま
常に新鮮さを求めている

大きな目標に向かうのに、回り道をしている時間はもったいない──ここまでは誰もが気づくこと。いつでもノートパソコンを肌身離さず、1分1秒をムダなく使う。これが現代で成功するためのひとつのメソッドになっていたり。忙しいなかでも魅惑的な自分だけの世界にもふけ込める人は、ほんの一握り…。

ところが、犬を飼う女性は例外。あなたも知っての通り、犬は街中や公園を好奇心旺盛にさまよい歩くのが大好き。じつはその行動、飼い主にも影響しているんですよ。
匂いこそ嗅いで回ることはありませんが、周囲のすべてにアンテナを張り巡らせている彼女。ときに時間を気にせずさまよい歩き、新鮮な目で世界を眺め、新たな発見をつねに模索しているんです。

02.
人生への免疫力がある

汚れた脚のままソファーに飛び上ってくるのをいちいち気にしていたら、短い人生がつまらないものになってしまう。

犬好き女性は多少の汚れなんて気にしません。これって、寝具や衣類のことだけではないんです。神経質で支配的な女性の正反対にいるのが犬を愛する女性たち。だって、この世に完璧で清潔なものがどれだけありますか。多少の汚れは言ってみれば、人生の免疫力みたいなもの。少しくらい汚れを知っている方が、人生を何倍も楽しめると思いませんか。

洗ったばかりのシーツの上で、何食わぬ顔してシッポを振られた時のあの、「怒っても仕方ない」と思えてしまう彼らの表情を見たことがあれば分かるはず。

03.
日常で、童心に返る瞬間がある

犬を飼っている女性はみな開放的です。お酒の勢いを借りずしても毎日、一緒になってかけずり回り、飼い犬友だちとも精力的に交流をする。犬は私たちにお酒を飲まずして解放感を与えてもくれるし、社交的にも変えてくれるんです。そして、犬はあなたを童心にも返してくれるパートーナー。

誰からも束縛を受けずに好き勝手、野山を走り回っていたあの頃を思い出させてくれる存在。犬と過ごす時間はまるで、過去の記憶を追体験しているかのような気持ちにもさせてくれるもの。それが彼女が解放的で奔放な証拠なのでは。

04.
人間関係を
ないがしろにしない

犬にまつわるこんな話があります。ある貧乏な男の子が犬に投げたボールを取ってこさせようと、繰り返し何度も練習に励んでいました。犬は嫌がる様子もなく、彼の膝元にからんできます。ところが、意地悪なお嬢さんが彼をこう叱ります。「ムダなこと止めたら、そんなこと一生できっこないわ!」。

あなただって分かっているはず。犬は毎日トレーニングすることで、必ず成功させることができるってことを。犬と人間は心を通わせることができます。犬にできることを人間ができないわけがないですよね。

05.
愛情表現がストレート!
大きな愛で包み込んでくれる

犬と飼い主の関係は最もピュアで情熱的な関係です。どんなにストレスを抱えて帰っても、酔っぱらって夜中に騒音を立てても、シッポを振って笑顔であなたを迎え入れてくれるでしょ?飼い主への無償の愛、それに応えるのも彼女たちの役割です。

愛情を一身に受ける犬好きの彼女たちは、自分を受け入れてもらうための愛情表現も豊か。恋愛だけでなく、人間関係そのものにおいて愛犬同様、心許す人たちには無条件に愛情を注ぎ込みます。つまり、裏がなくってストレート。きっと、犬を飼っている女性とつき合っている男性なら分かるのでは?

06.
真の勇気を理解している

長い間つき合っていると、知らないうちに自然と恋人の癖やしぐさをマネしていることがあります。飼い犬のクセが人間に染み付くことは、まずあり得ないでしょうが、日常の犬のしぐさから彼らの行動を理解することは簡単です。

例えば、彼女は“吠える”タイミングを分かっています。もっと事態が悪化すれば咬み付くことも…。何も本当に吠えたり咬んだりするわけではありません。飼い犬の特性を良く理解している女性たちだからこそ、自分が発言すべき時にはしっかりと口に出す勇気を持っている。そして、自分の身に迫る危険を感じれば身構える。そういうことです。

07.
当たり前のコトを淡々とこなせる

大義とまでは言いません、あくまでモラルの話として。飼い主は毎日犬のウンチと向かい合います。地域や環境に配慮して最低限のマナーは守る。
こじつけに聞こえるかもしれませんが、ウンチを処理するようにごく当たり前に、友達の厄介事をも対処できるのが彼女たち。もしもあなたの人生が完璧ではなく、いろんな厄介事を抱えてるのなら、まずは犬好きな女性に相談することを本気でおススメします。
彼女はあなたを非難したりせず、丁寧に向かい合ってくれるはず。だって、少なくとも1日に一回は愛犬の「粗相」を処理しているのだから、あなたの厄介事を対処するのに躊躇ったりなんてしないでしょう。

08.
何ものにも束縛されない
自由な心の持ち主

犬好きな女性は性格が大らかなのも魅力です。忙しない世の中にあって、彼女の心の穏やかさは言うまでもなく、無条件の愛のパートナーが側にいるから。

彼女を束縛するものは何もありません。まるでギクシャクした人間関係のフィールドの外で、嬉しそうに駆け回る種を超えた親友と遊んでいるかのように、日常を自在に駆けることができる。それが、犬を愛する女性たちが「精神的に豊かに見える」ゆえんではないでしょうか。

Licensed material used with permission by Elite Dairy

関連記事リンク(外部サイト)

37歳にして思う、この先も自分が大切にしたい「17のルール」
男女ともに好感度抜群。ポジティブな女性が実践している「15のコト」
【仕事が恋人/筋肉痛は2日後/金曜の夜は省エネ】30代にありがちな「25のコト」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP