ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『夫婦フーフー日記』5/30(土)より新宿ピカデリー他にて全国公開。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『夫婦フーフー日記』が5月30日(土)より新宿ピカデリー他にて全国公開。

原作は、闘病ブログから生まれた「がんフーフー日記」(小学館刊)。作家志望の「ダンナ」が、長年友人だった「ヨメ」と出会って17年目にして結婚、1ヵ月後に妊娠発覚。しかしその5ヵ月後にヨメに悪性腫瘍が発覚し、怒涛の育児と闘病生活を送っていく。夫婦が駆け抜けた493日の記録は、闘病ブログとして人気を博し、2011年に書籍化された。映画化にあたっては、「死んだはずのヨメと残されたダンナが、夫婦の奇跡を振り返る」という設定が加えられた。
ダンナ・コウタを演じるのは、佐々木蔵之介。残された赤ん坊を抱えて育児と仕事に奔走する。同じくヨメ・ユーコを演じる永作博美は、亡くなった後も、ダンナの前に幻影として現れるヨメを演じる。
ブログに書かれなかった夫婦の思い、家族の愛。笑いながら、泣ける。実話から生まれた感動ストーリー。

ストーリー
17年間友だちで、1年ちょっと夫婦で、そして、アイツは、9ヵ月だけ母親だった。
 作家志望のダンナ・コウタ(佐々木蔵之介)は、本好きなヨメ・ユーコ(永作博美)と出会って17年目にしてついに結婚。直後、妊娠とガンが発覚し、幸せな新婚生活は闘病生活へ。ヨメの病状をブログで報告しはじめるダンナ。しかし、入籍からわずか493日後、ヨメは亡くなった。悲しみに暮れるダンナにブログの出版の話が舞い込み、「念願の作家デビュー!」と現実逃避するダンナ。そこへ突然、死んだはずのヨメが現れた!
 果たして、これは幻影か、現実なのか? ヨメのいない世界で、死んだはずのヨメと、ヨメが元気だった頃をふり返るダンナ。やがて、生きている間には伝えられなかった、それぞれの想いがあふれ出す―。

『夫婦フーフー日記』原作者でのイラスト付き特製ポストカードをプレゼント。

空メールを送信するとプレゼントに応募できます。(←クリック)

ご応募お待ちしております。
後日当選された方にはいただいたメールアドレス宛にNeoL編集部よりご連絡させていただきます。

『夫婦フーフー日記』
5月30日(土)より新宿ピカデリー他にて全国公開。

出演:佐々木蔵之介 永作博美
佐藤仁美 高橋周平 / 並樹史朗 梅沢昌代 大石吾朗 吉本選江 宇野祥平 小市慢太郎 / 杉本哲太
原作:川崎フーフ「がんフーフー日記」(小学館刊) 監督:前田弘二 脚本:林民夫・前田弘二
主題歌:「ボイド」LAMP IN TERREN(A-Sketch) 製作:「夫婦フーフー日記」製作委員会 企画製作プロダクション:ダブ 配給:ショウゲート
http://fu-fu-nikki.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP