ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おしゃれで実用的!ソーラー発電するステンドグラス「Current Window」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

太陽光発電というと、持ち歩くタイプのガジェットから、屋根の上に設置されている大型のものまで、黒色の味気ないソーラーパネルを使っているものがほとんど。

しかしこのほど登場したソーラーパネル「Current Window」は、なんとステンドグラスタイプ。

窓にこのステンドグラスをはめれば、スマートフォンなどを充電できるというもので、美と実用性を備えている。

・着色した太陽電池を活用

「Current Window」は、オランダ人デザイナーと、ソーラー発電システム開発会社Solaronixが共同で手がけた。

Current Windowの見た目は教会などで見かける普通のステンドグラス。しかし実際には、着色した太陽電池を活用していて、このステンドグラスを窓にはめ込めば日差しで発電でき、窓下の棚部分に発電した電気が蓄電される。

棚部分にはUSBポートがあり、ここに充電ケーブルを直接さしこんでスマホやUSBガジェットを充電することができる。

・大きさに発電量も比例

ほとんどの家や部屋に窓はあるものだが、そのうちの1つでもこのステンドガラスに変えるだけでおしゃれになるうえ、エコ発電できるとあってまさに一石二鳥。

デザイナーのMarjan van Aubel氏は「当然のことながら、窓が大きければ大きいほど発電量も大きくなる。図書館や学校といった公共施設に設置すれば、多くの人が電気を共用できる」と話す。

確かに、普段からクリーンエネルギーを共有できるとなれば便利だし、停電したときなどは特に役立ちそうだ。

Current Window

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP