ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松田優作の元妻、作家・松田美智子が明かす「本当の長女の今」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

《名優の故松田優作さん(享年40)の長女が、6月にCDデビューする》。先日そんなニュースが話題になった。母は松田美由紀(53才)、松田龍平(32才)と松田翔太(29才)を兄に持つ“長女”とは、エレクトロニックユニット「Young Juvenile Youth」のボーカル・Yuki(年齢非公表)。高校時代に3年間カナダに留学し、友人の影響で作詞や音楽制作を開始。その後、アメリカで2年間、音楽や芸術を学んだ。

 このニュースを巡って、「間違っている」との声が上がっている。

「優作さんの“長女”はYukiさんじゃありません。優作さんの“長女”は、美由紀さんの前の奥さんとの間に生まれた娘さんのことですよ」(ワイドショー関係者)

 優作さんの最初の結婚は1975年9月。当時同じ劇団で活動していた、作家の松田美智子さん(65才)と約4年の同棲を経てゴールインした。そして翌1976年に長女が生まれた。

「でも1979年のドラマ『探偵物語』で、優作さんと美由紀さんが出会って激しい恋に落ちてしまったんです。しかも当時美由紀さんは18才の未成年で…。結局優作さんと美智子さんは、1981年12月に離婚し、その後優作さんは美由紀さんと再婚したんです」(前出・ワイドショー関係者)

 優作さんの“長女CDデビュー”というニュースを美智子さんはどう見ているのか話を聞いた。

「優作の長女は正確にいえばYukiさんじゃありませんよね。優作にとっての長女は私の娘で、Yukiさんは次女でしょう。ただ彼女(美由紀)と築いた家庭では長女になるでしょうから、そういった意味での“長女”という表現ならわかりますが」

 そう話す美智子さんは、“長女”についてこう続けた。

「優作が亡くなったのは、娘が中学に進学した年でした。娘は両親が別れることになった経緯を、テレビや週刊誌で知ることになって、複雑な感情を抱いたと思います。私は娘に父親を嫌いになってほしくなくて、“あなたのことをものすごく愛してくれた”“養育費も払ってくれた”などと話しましたが、“そんなことは当たり前でしょう”とむしろ反発していましたね。とにかく“松田優作の娘”だっていうことを知られたくないっていう思いがすごく強かったんです。

 その後娘は、芸能界とは全く関係ない世界で生きることを選択し、社会人として生きてきました。すでに結婚し、子供にも恵まれました。そのことは優作の墓前にも報告しています。きっと優作は祝福してくれていると思います」

 優作さんの2人の娘は、今それぞれの道を歩き始めている。

※女性セブン2015年6月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
原田芳雄さん 死の数日前「優作が迎えにきた」とうわごと
松田美由紀の誕生会に福島瑞穂、山本太郎、内田裕也ら出席
松田優作 死の2日前に原田芳雄さんの前で点滴を引きちぎる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP