ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本と縁深い『スター・ウォーズ』新ヒロインはふなっしー好き

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5月中旬のある日、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(41才)は、妻で元モデルの香那さん(31才)と東京・六本木ヒルズの展望台を訪れていた。併設されたギャラリーを見て回ったふたりは、風景をバックにツーショットを自撮りするなど仲むつまじい様子だった。

 展望台では『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』が開催中。今年12月18日に、10年ぶりの新作となるシリーズ第7作『スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒』が公開されるのを記念して、あらすじや歴史、キャラクターの像や絵画が展示されている。

 実は以前から芸能界でもスター・ウォーズは大ブーム! 速水もこみち(30才)や木村カエラ(30才)、きゃりーぱみゅぱみゅ(22才)などがファンを公言しており、梨花(42才)や千秋(43才)は子供とともにグッズを愛用するなど大ハマリだ。

 同シリーズの魅力を、オネエ系映画ライターのよしひろまさみちさんはこう解説する。

「SF作品なので男性からの人気は根強いんですけど、ストーリーをザックリ言うと、“壮大な親子げんか”。善悪もハッキリしているので、女性にも受け入れられやすいんですよ。恋愛模様も描かれますしね。さらに、戦闘シーンでもグロテスクな部分は極力排除されていますから、子供に見せるのも安心で、2世代、3世代映画ともいわれています」

 そんな『スター・ウォーズ』だが、ジョージ・ルーカス監督(71才)が黒澤明監督(享年88)を敬愛していたことから、日本映画へのオマージュが散りばめられている。特に『隠し砦の三悪人』の影響は大きく、シリーズを通して登場するC-3POとR2-D2という2体のロボットは、同作に出てくる農民のデコボココンビがモデル。ダース・ベイダーも同作の主人公を演じた三船敏郎さん(享年77)からヒントを得ており、三船さんには出演オファーもあった。

 一方で、日本文化のほうからのオマージュ作品も。今年2月には、東京・EXシアター六本木で、市川海老蔵(37才)と中村獅童(42才)主演の歌舞伎『地球投五郎宇宙荒事(ちきゅうなげごろううちゅうのあらごと)』が上演された。獅童が演じるのは、宇宙からの悪の侵略者・駄足米太夫(だあしべいだゆう)。登場シーンでは三味線の音色でダース・ベイダーのテーマ曲が流れた。また、歌舞伎初出演となった加藤清史郎(13才)は不思議な力を使いこなす与駄(よーだ)に変身する役柄だった。

 また、新作のヒロインに抜擢されたのは新人女優デイジー・リドリー(23才)が、ふなっしーファンだという噂も。4月30日に来日して会見に登場した彼女の腕にはふなっしーデザインの時計が巻かれていたのだ。

※女性セブン2015年6月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
スター・ウォーズと21エモンの類似点 ゴンスケ=C-3POか?
【ジョーク】ウォール街を占拠するデモ隊とオバマのやりとり
韓国スター 中国飲料水メーカー広告出演で売国的と大問題に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP