体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これは便利!街中の無料Wi-Fiスポットを見つけられるアプリ「WiFiMapper」

WiFiMapper

街中のどこで、無料Wi-Fiが提供されているか。スマートフォンユーザーにとって大事な情報だ。

そんなホットスポット情報をクラウドソースして提供するアプリ「WiFiMapper」がリリースされた。無料Wi-Fiが使える場所を地図に示してくれるというもので、データローミングが高額になる海外旅行時には特に重宝しそうだ。

・世界中の5億カ所を網羅

データ通信速度測定などのサービスを展開している「OpenSignal」がiOS版をリリースし、間もなくAndroid版も投入する見込みだ。

WiFiMapperのデータベースは、すでに世界中のWi-Fiスポット5億カ所を網羅し、その中でもおすすめの無料スポットは200万カ所以上という。

・世界最大のデータ規模

創設者によると、OpenSignalがこれまでに展開しているアプリのユーザーによるネットワークからWi-Fiスポットのデータが蓄積されていて、WiFiMapperではこれを活用している。

このデータ規模は世界でも最大とのことで、しかもWiFiMapperでは独自のアルゴリズムでそのWi-Fiが無料かどうかも判別できるという。

・ユーザーの評価も閲覧

アプリを起動して近くにWi-Fiスポットがあるか検索すると、それがカフェの中なのか、空港なのかなども具体的に示される。

さらにはそのWi-Fiの通信環境が快適なものかどうか、他のユーザーによるコメントがあるのも便利だろう。

アプリは無料。今後は、オフラインでも使用できる有料バージョンの投入も検討しているようだ。

WiFiMapper

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。