ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】大反響!人工知能によるファッションセンス学習アプリ「SENSY」の今

DATE:
  • ガジェット通信を≫

sensy_1_new人工知能がユーザーのファッションセンスを学習し、専属のスタイリストのごとく世界中のECサイトから、個々の感性に沿った商品を提案してくれる、AIロボット型のアプリ「SENSY」。

4月には1.4億円の資金調達にも成功。新たな局面を迎えた感がある。

リリースから約7か月。アプリを取り巻く環境は、どのように変化したのだろうか。

カラフル・ボード、代表取締役CEO/公認会計士の渡辺 祐樹(わたなべ ゆうき)氏を、再び直撃した。

・リリース時から新たな機能を実装

Q1:リリースから半年以上経ちましたが、ユーザーの反響など、現在の状況はいかがでしょうか。

sensy_2_newおかげさまで、たくさんのメディアに取り上げられており、多くの反響をいただいております。

現在、アプリ自体はベータ版に近い状況ということで、課題も多々あります。

ユーザーからもご指摘をいただいておりますので、今回の資金調達を受け、エンジニアを中心に人材補強をし、ユーザーニーズに応えるべく、開発を加速させております。

秋前には、皆さんのご意見を反映しながら、新たな「SENSY」を提供できるかと思っております。

Q2:機能や提携ブランドなど、最初のバージョンから変わった点がありましたら、お聞かせください。

sensy_3_newリリース当初は、参加ブランドは約1600でしたが、現在、米アマゾン・ドットコム傘下のショップポップ・ドットコムやイタリアのユークス・グループと提携できたこともあり、2465ブランドまで、増やすことができました。

リリース当初とのサービスの違いは、お気に入りアイテムの値段が下がったときに、ほぼリアルタイムで通知する機能や、パーソナライズされたアイテムのまとめを提案する機能が追加になり、人工知能アルゴリズム自体も、日々改善しています。

リリース当初では、提案アイテムに偏りもあったのですが、それをうまく分散するアルゴリズムも適用しています。

・ライフスタイル全般の情報プラットフォーム構築をめざす

Q3:このたび資金調達にも成功し、「SENSY」は次の段階に入ったのではないかと思われます。これから本アプリをどのように育てていかれるのか、未来への展望についてお聞かせください。

sensy_4_new「SENSY」は2人目の自分として、自分の分身のような人工知能ロボットを作り出し、ファッションの分野のみならず、食、音楽、映像、旅行、ヘルスケア等、ライフスタイル全般の情報プラットフォームを、インターネット上に構築することをめざしています。

ファッションの分野では、リアルとの融合をめざしています。今年の3月には、人工知能「SENSY」を使用し、ブランドの実店舗での接客サービスの実証実験を行いました。人工知能「SENSY」が、販売員のように商品を薦めることで、お客さまに「新しいショッピング体験」を提供したいと思います。

今後は実店舗での取り組みを受け、人型ロボットや各社のECサイトにも、人工知能「SENSY」を提供していく予定です。また、年内には、ファッション以外の他分野でも、提携を進めていきたいと考えています。

「これからの生活において、人工知能は当たり前の存在になっていくと思う」。渡辺氏は、そう予見する。AIジャンルを牽引する存在になり得るか、「SENSY」の今後に期待したい。

ファッションスタイリストアプリ SENSY

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。