体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

YouTuber黒猫のちゅうにー SHIZUKA(Chelsy)プロデュースで配信リリース 他YouTuberとのコラボも熱望「ろあさんは神様です!」

YouTuber黒猫のちゅうにー SHIZUKA(Chelsy)プロデュースで配信リリース 他YouTuberとのコラボも熱望「ろあさんは神様です!」

 しろくろちゃんねるにてゲーム配信を行っているYouTuber 黒猫のちゅうにー。YUI、FTISLAND、東京女子流、ステレオポニーなど数々のヒット曲を手がけるプロデューサー近藤ひさしと、ChelsyのSHIZUKA(b)のダブルプロデュースによって、配信シングル『ネコダモノ』をリリースした。

黒猫のちゅうにー その他の写真一覧

 しろくろちゃんねる(http://bit.ly/1FwNeAE)は、白猫の彩葉と、黒猫のちゅうにーがゆるっとゲーム実況を行うチャンネルで、昨年10月21日に動画を初投稿してから約半年間で登録者数14000人、総再生数も220万再生を突破。キュートなコスプレと2人の親しみやすい軽快なトークが注目されている。

 そんなゲーム配信者の黒猫のちゅうにーだが、歌うことが大好きで、動画投稿を始める前に出会ったボイストレーナー 江口夢人の協力もあり、近藤ひさしと、SHIZUKA(Chelsy)のダブルプロデュースによって、配信シングル『ネコダモノ』をリリース。さらに、5月23日 渋谷LUSHにて初ライブの開催が決定。2.5次元から3次元へと飛び出し、キュートな歌声を聞かせてくれるだろう。

 ゲーム動画だけに止まらず音楽を絡めた活動にも意欲を見せる黒猫のちゅうにー。今回、YouTuberとしての夢や野望、配信シングルについて語ってくれた。有名YouTuberへ対しての、謙虚ながらも貪欲な姿勢にも注目して欲しい。

◎しろくろちゃんねる 黒猫のちゅうにーインタビュー

--ゲーム実況で人気の黒猫のちゅうにーさんですが、なぜ“歌”を始める事になったんですか?

黒猫のちゅうにー:しろくろちゃんねるを始める前なんですけど、ニコニコ動画で“歌ってみた”動画を投稿したいなって思ってて、でも、既に沢山の人が投稿しているので、しっかりしたクオリティじゃないと見てもらえないだろうなって。それで、アニソン/ボイトレって検索して、夢人さん(ボイストレーナー)と出会いました。YouTuberとして動画を投稿し始めたのはその後なんです。

--歌の方が先なんですね。歌ってみたからゲーム実況に移行したのはなぜですか?

黒猫のちゅうにー:去年の10月くらいに、YouTubeが熱いからやってみよう! って思って。でも、“歌ってみた”ってYouTubeだとあまり居なくて。あと、元々ゲームが凄い好きなのと、色々喋ったりもできるじゃないですか? それが楽しそうだなーって。それで、元々友達だった彩葉ちゃんを誘ってゲーム実況を始めました。

--YouTuberといえば、ゲームに限らず色々な動画を投稿されてますが、ゲーム以外の動画投稿に興味はありますか?

黒猫のちゅうにー:以前、はじめしゃちょーさん(http://bit.ly/1eeLfou)が“利きじゃがりこ”をやっていて、「そんなに分からないものなのかな?」って思って挑戦してみたら、全部正解しちゃって……全然つまんないよー! って終わってしまい……(笑)でも、音楽を絡めた動画はもちろん、料理配信とか色々他の動画も撮ってみたいとは思っています。

(同席していた近藤ひさし):なんか面白いことありませんか? コラボとか。

--“YouTuber”と呼ばれる人の中で、音楽を売りにしてる人って少ないじゃないですか? Goose houseとかは音楽中心だけど“YouTuber”って言われるとまたちょっと違う。だから“YouTuber”として音楽やってる人同士でコラボとか対決とかしてみてはどうですか?

黒猫のちゅうにー:誰か居ますか?

--有名な人だと、先日、石井竜也プロデュースのもとメジャーデビューを果たしたマックスむらいさん(http://bit.ly/1eNI1HL)とか。

黒猫のちゅうにー:有名すぎませんか?

--HIKAKIN(http://bit.ly/1viefhR)さんとか。

黒猫のちゅうにー:やばいやばい! 恐れ多い! 怖い! でも全部やりたいです! 乗っかって行こう! マックスさんに!(笑)あと、HIKAKINさんのビートボックスとChelsyのSHIZUKAさんのベースに合わせて歌えたら幸せ!

--是非、無謀でもコラボオファーしていってほしいですね(笑)YouTuberとしての野望ってありますか?

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。