ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あらゆるところがメモに!どこに書いてもスマホに記録できるペン「Phree」がスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

紙や、壁、机、手の甲など、どこに書いてもその内容をスマートフォンにメモできるペンが登場した。レーザーセンサーを搭載する「Phree」というのがそれで、メモ以外にもスマホの“子機”としての機能も搭載している。

・レーザーセンサーで正確に

Phreeの見かけは、スタイラスのよう。しかし、Phreeはスマホのスクリーンにタッチしなくても、あらゆるところがノートになる。

例えば、出先でノートを取りたいとき、紙とペンがなくてもPhreeを使って手の甲に書けば、その内容がスマホに保存される。

手の動きを読み取るデバイスは他にも展開されているが、Phreeの場合、先端部分のレーザーセンサーで光変換計測することにより、正確にそして広範囲の動きもキャッチできるという。書いた内容はBluetoothで連携するスマホに送られる。

・内蔵マイクとスピーカーで通話も

また、Phreeには小さなタッチスクリーンがあり、スマホに電話がかかってきたりメッセージが届いたりすると、スクリーンのアイコンが点滅し着信などを知らせる。

Phreeはマイクとスピーカーも内蔵しているので、スクリーンの電話アイコンをタッチしてコールをとり、そのまま通話することもできる。

・早くも資金調達の目標達成

Phreeを開発したイスラエルのスタートアップは現在、Kickstarterで出資を募集中で、20日現在、目標額10万ドルを大きく超える31万ドル超が集まっている。

最もディスカウント率が大きいパッケージはすでに“完売”し、現在は168ドルの出資で入手できる。

世界中どこにでも発送してくれるので、興味のある人は要チェックだ。キャンペーンは6月27日までとなっている。

Phree/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP