ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

若手から老舗まで 職人の現場を巡る「浅草ものづくりフェス」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月〜木)夜の番組「JAM THE WORLD」のワンコーナー「LOHAS TALK」(ナビゲーター:小黒一三)。5月20日のオンエアでは、まちづくり会社ドラマチック代表の今村ひろゆきさんをゲストに迎え、今月末に開催される「浅草ものづくりフェス」について聞きました。

今村さんは台東区入谷を拠点に、浅草の町の魅力を再発見し、多くの人に伝える活動しています。その一つが、4月にオープンした、台東区入谷にある現代の公民館を目指したコミュニティースペース「SOOO dramatic!」。ここは、“全ての人はクリエイターである” という信念のもと、才能を発揮するキッカケの場となり、さまざまな人々をつなぐ地域のハブとなることを目標としています。

そうした活動の集大成として、「浅草ものづくりフェスA-ROUND」というイベントが5月29、30、31日の3日間で開催されます。2013年から始まり、第4回目となるこのイベント。今村さんは、「実は浅草は革靴の生産量が日本一。それがまだまだ多くの方に知られていないので、浅草のものづくりを多くの方に知ってもらおうというプロジェクトです」と語ります。

イベントでは、まちなかの工房やギャラリーを巡れるようなツアーや、1日かけて靴づくりを体験できるワークショップ、若手デザイナーが集まるインキュベーション施設の入居クリエイターのスタジオ見学もできるそうです。若手クリエイターのスタジオが見られたり、創業90年の革問屋さんで職人の現場が見られたり、まさに新旧が融和する、ものづくりの町浅草を感じられそうですね。今月末は浅草で、ものづくりの町のパワーを体感してみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「LOHAS TALK」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP