ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マンウィズ×ZebraheadスプリットEP発売、オリコンデイリー2位を記録

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月20日に発売された、MAN WITH A MISSION×ZebraheadのスプリットEP「Out of Control」が、iTunesのロックチャートで1位、オリコンデイリーラインキングで2位を記録する、絶好調のスタートを切った。

今作のスプリットEPのリリースに対して、MAN WITH A MISSIONのJean-Ken Johnnyは「最近アマリヤルバンドガイナカッタ、スプリットEPヲ、Zebraheadトリリースシマシタ。自分達ガ音楽ヲ聴イテキタ中デ、ヨク海外ノインディーズバンドガ取リ入レテイル手法デ、Zebraheadニ興味ノアル人達ガ我々ノ音楽ヲ聴イテクレタリ、我々ノ音楽ヲ聴イテクレテイル人間ノ皆様ガZebraheadニ興味ヲ持ッテクレタリシテ、皆様ノ音楽ノ幅ガ広ガッテ、深ク掘リ下ゲテ頂ケルキッカケニナル1枚ニナルンジャナイカナト思ッテイルノデ、是非沢山ノ方ニ聴イテ頂キタイデス」と今作に込める想いを寄せている。

「Out of Control」は、MAN WITH A MISSIONとZebraheadという奇跡のコラボレーションが実現し、共同制作された表題曲「Out of Control」(映画「マッドマックス 怒りのデスロード」日本版エンディングソング)に加え、MAN WITH A MISSIONの新曲「The Cure」(映画『新宿スワン』挿入歌)、人気楽曲「database」にfeat.でZebraheadのAliが参加した、「database feat. Ali(Zebrahead)」、更にZebraheadの新曲「Lockjaw」「Blue Light Special」が収録された1枚。

初回生産限定盤についてくる特典DVDも、「狼vs縞馬 ガチンコ5番勝負 MISSION」や「Out of Control」のMVメイキングが収録されるなど、注目の内容に仕上がっている。

配信ダウンロードも好調な今作は、iTunes のためにアーティストやサウンドエンジニアが思い描いた通りの最高の音質で制作した「Mastered for iTunes」でも展開されており、ダウンロードページにはMAN WITH A MISSIONのJean-Ken Johnnyと、ZebraheadのAliからの作品に込められた想いを寄せたコメントが掲載されている。

MAN WITH A MISSIONは現在全国ツアー中。5月20日には広島公演が大盛況のうちに幕を閉じ、5月21日には広島公演2日目が控えている。来月からはヨーロッパ各都市を周遊するツアーを敢行。イギリス最大規模を誇る「Download Festival 2015」にも出演、10月にはZebraheadをゲストに迎えた、さいたまスーパーアリーナ公演などを予定している。

なお、MAN WITH A MISSIONは、Jean-Ken Johnnyが今週末の5月23日にJ-WAVE「J-POP SATURDAY」に出演、来週5月27日に発売される、注目のロックコンピレーションアルバム「新宿スワン INSPIRED TRACKS -Selected by 白鳥龍彦-」にも参加するなど、精力的に活動中だ。

リリース情報
MAN WITH A MISSION×Zebrahead
スプリットEP「Out of Control」
2015年5月20日(水)発売

初回生産限定盤(CD+DVD)SRCL-8807〜8 2,000円+税

通常盤(CD only)SRCL-8809 1,500円+税

MAN WITH A MISSION×Zebrahead「Out of Control」ミュージックビデオ

関連リンク

MAN WITH A MISSION オフィシャルサイトhttp://www.mwamjapan.info/
MAN WITH A MISSION ソニーミュージックアーティストページhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/manwithamission/
MAN WITH A MISSION Twitter
 @mwamjapan
 @mwaminfo029

Zebrahead オフィシャルサイトhttp://www.zebrahead.com/
Zebrahead Twitter@zebrahead

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP