ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リアルすぎて食べられない!?日本の職人が作った芸術的な“飴”が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クールジャパンと言えば、マンガやアニメなどのコンテンツを指すことが多いが、最近はこんなクールジャパンが海外サイトを賑わせている。

これは浅草の「飴細工アメシン」の店主で飴細工職人、手塚新理さんの作品。

この飴細工は日本で8世紀から伝わる伝統工芸。まさに1200年前の技を今に伝える飴細工師なのだ。

手塚さんは、現在の店舗を2013年に店を構えたが、その前からテレビ出演や講演、個展なども開いている。

また、5月15日から18日にNYで開催の「TOKYO DESIGN WEEK in New York 2015」に出演するなど、まさに引っ張りだこなのだ。

手塚さんの作る商品は、リアルな中にもかわいらしさや愛嬌があり、なんだか食べるのがもったいない気がしてしまう、まさに“作品”。

飴細工は店頭で1000円〜2000円で販売しているほか、製作実演、体験教室なども開いている。

また、オーダーメイドの製作も受け付けており、中にはあのカップラーメンまで!

海外の人はもちろん、日本人をも虜にするキュートな飴細工。浅草に出かけた際はぜひ立ち寄ってみて。

飴細工アメシン
http://www.ame-shin.com/
営業時間:11時〜18時(木曜日定休/臨時休業あり)
住所:東京都台東区今戸1−4−3
Facebbok(飴細工アメシン)
https://www.facebook.com/amezaiku.ameshin
Twitter(飴細工アメシン)
https://twitter.com/candy_ameshin

スイーツ(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP