ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、「Google Webmaster Tools」を「Google Search Console」に改名

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が約 10 年間「Google Webmaster Tools」として提供してきたサイト管理者向けのツールを「Google Search Console」に改名しました。Google Search Console は、WEB サイトを Google の検索ロボットに巡回させやすくするためにサイトマップを登録したり、Google 検索結果におけるサイトのパフォーマンスを監視するのに役立つ無料サービスです。改名の理由は、サービス開始当時にはサイト管理者を示す「ウェブマスター」を対象に提供していたのが、インターネットやスマートフォンの普及などによって、趣味でブログを運営する方から SEO の専門家までユーザー層が広がり、また、アプリ提供者の多くが利用しているなど、リリース当時にはほとんどいなかった方も利用するようになったことから、サイトが Google 検索結果にどう表示されるのかを気にする全ての方を対象するような適切な名前に変更したそうです。Source : Google


(juggly.cn)記事関連リンク
CloveがLG G4の小型版「G4c」の予約を開始、6月中に入荷予定
「Droid Turbo(XT1254)」のAndroid 5.1アップデートは6月中旬に実施予定
Facebookメッセンジャーのビデオ通話機能が日本でも利用可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP