ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『楽天』の社員食堂ではプロの寿司職人が寿司を握ってくれる本格派!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本にはあらゆる起業があり、あらゆる社員食堂がある。ここ最近は、社員の健康と生活を考え、よりよい社員食堂作りに力を注いでいる企業が増えている。

なかでも、『楽天』の社員食堂はかなりのもの。信じられないかもしれないが、プロの寿司職人が社員食堂で寿司を握ってくれるのだ。

しかもその味、「本当に社員食堂?」と思えるほど絶品なのである。

『楽天』には、まるでショッピングモールのフードコートのような社員食堂があり、あらゆる料理を「その道のプロ」が調理している。そのひとつが、寿司職人による握り寿司なのだ。

社員食堂にはさまざまな店舗(?)が入っているが、寿司ブースは『Sush ICHIBA』という名称になっている。寿司職人が、注文を受けてから新鮮な魚介類をサッと握ってくれる。

やや多めのシャリだが、ネタには厚みがあり、食べ応えのある握り寿司。特にサーモンとマグロの赤身は笑みがこぼれるほど美味。

これが社員食堂の寿司だというから驚きだ。

寿司ネタは入荷した魚介類によって変化するらしいが、今回はサーモン、マグロ、イカ、あなご、貝類などが握られていた。

どのネタも厚みがあって贅沢な味わい。

「こんなに美味しい寿司が社員食堂で出るなら、この近所の寿司屋が泣いてしまうのでは?」と思ったのが正直なところ。

この寿司、『楽天』の社員食堂でしか食べられないのが残念である。

しかし、寿司だけで驚いてはいけない。『楽天』にはさまざまに料理ブースがあり、あらゆる多国籍な食事を楽しむことができるのだ。

ここまで充実した社員食堂、他の企業が真似をしようとしてもなかなかできないのではないだろうか?『楽天』社員、めぐまれすぎている!?

Post: GoTrip http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP