ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

50代以上中国人 好きな日本人女優は1位山口百恵2位田中裕子

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国で最も人気のある日本人女優は誰なのか。今回、本誌は中国情報サイト「レコードチャイナ」の協力で北京や上海など4都市で、50代以上の男性30人に街頭アンケートを行なった。

 ベスト5には回答者と同世代のベテラン女優ばかりが並ぶ。いずれも、出演映画やドラマが中国でヒットした経緯がある。

 1位の山口百恵(56)が中国で知られるようになったのは、1980年代初めに中国全土で放送されたドラマ「赤いシリーズ」がきっかけ。当時の中国は文化大革命が終わり、改革開放が始まったばかりの頃で、白黒テレビさえ普及していなかったという。60代男性が当時を振り返る。

「放送時間になると、近所の家まで出かけて赤いシリーズを見ていた。その時の山口百恵の印象が忘れられない」

 本人が歌うドラマ主題歌は中国でも日本語のまま広く歌われ、主演映画「絶唱」や「霧の旗」などの映画も次々に上映された。

 2位の田中裕子(60)は、1980年代に世界中でブームとなったNHKの朝ドラ「おしん」の主演女優。日本での放送は1983~84年だが、中国では翌1985年から吹き替え版が放送された。NHKによると、北京での視聴率は75.9%を記録したという。

「おしんを見て、日本民族の勤勉さを理解した」(70代・元教師)
「振り返れば、おしんの放送当時が中日友好回復40年のピークだった」(70代・元公務員)

 映画「君よ憤怒の河を渉れ」で高倉健と共演した中野良子(64)は4位にランクイン。

「文化大革命が終わって初めて見た映画に彼女が出演していた」(70代・元公務員)
「恋愛とはこんな形(高倉健と中野良子のカップル)が理想だった。好きになったら『好き』と言葉にするのは、中国ではありえないことだった」(60代・元教師)

※SAPIO2015年6月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
内気な少女が女優に変わる 18歳美少女・有村架純を微笑み撮
ベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろし
CanCamモデル山本美月が魅せた「大人の色香」を撮りおろし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。