ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

川島なお美 昨年初頭からワインを一滴も飲んでいないと告白

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「当たる」と評判で月に500人が訪れるという、“ムロケン”こと、喫茶店のスピリチュアルマスター室井健助さんが、「私の体はワインでできている」という発言でもおなじみの女優・川島なお美(54才)を霊視。大病を経験したばかりの彼女だが、ムロケンが視た彼女の健康状態は?

──鑑定前、「自分のことより主人(鎧塚俊彦さん)の健康や仕事のことを知りたい」と言っていた川島に、「肝内胆管がんを患ったあなた自身に、健康面からお話ししたい」とムロケン。

室井:体のために今、何かしていますか?

川島:いろいろ、ですね。がんは体温が低いとなると聞いたので、体温を上げる努力をしていますし、電子レンジやIH、電気毛布をやめて、電磁波を極力浴びない生活を心がけています。ビタミンC点滴や温熱治療もしています。運動面では、クラシックバレエを15年続けていて、ホットヨガ、ゴルフなどにも行っていま す。

室井:運動は、有酸素運動より無酸素運動、筋トレをされたほうがいい。

川島:う~ん、筋トレって地道で好きじゃないの(苦笑)。

室井:マッサージやお風呂は、その時だけしか体を温めないんです。それより24時間熱を作り続ける筋肉を鍛えたほうがいい。とくに筋肉の7割を占める下半身が大切。スクワットをしてみてください。ところでまだお酒は飲んでいますか?

川島:いいえ! 毎日ボトル半分から1本はいただいていたワインを昨年の手術(1月下旬)直前から1滴も飲んでません。まあ、お祝いの席などの場合は、どうしてもシャンパン1杯くらいはいただくこともありますけど。

室井:すばらしい! お酒はとても体を冷やすといわれているんです。

川島:あんなに好きだったのに、不思議と禁断症状もないんですよね。食生活も随分と変わりました。ワインの代わりに、毎日ワイン1本分の手作り野菜ジュースを飲んでいますし、野菜も無農薬のものだけ、食品添加物は一切摂りません。4つ足動物の肉と乳製品も摂らず、鶏や魚をいただいていますね。

室井:私と食生活が似ています(笑い)。本当にきちっと徹底されていますね。

川島:だって、がんは取ったらいいってもんじゃないじゃないですか。医者任せにしようとするからダメなんです。

※女性セブン2015年6月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ワインの価格差大きい理由や「へえ~」なワイン薀蓄解説本
川島なお美 過度のワインと減量が肝内胆管がん原因可能性も
「頑張り」が却って集団の足を引っ張ることもあると説く本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP