ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長谷川滋利氏のMLB挑戦 野茂が「通用する」と太鼓判押した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1995年に野茂英雄氏がメジャーリーガーとして海を渡り、L.A.ドジャースで活躍してから20年。今や日本人メジャーリーガーは通算50人を超える。

 その中でも、1997年1月に日本人初となる金銭トレードでオリックス・ブルーウェーブからアナハイム・エンゼルス(いずれも当時)に移籍した長谷川滋利氏は、実は1995年に野茂氏が海を渡る以前から、メジャー移籍に向けた準備を進めていたという。

「オリックス時代からオフの自主トレを米西海岸にするなどアメリカでの生活を見据えていました。昔からアメリカの生活に憧れていたので日本球界とケンカ別れせずに、円満にメジャー移籍する道を模索していました。当時は日米間の移籍ルールがなく、いろいろと交渉しているうちに野茂君が先にメジャーに旅立ってしまったんです」

 長谷川氏と野茂氏はともに1968年8月生まれの同い年。アマチュア時代から交流があり、メジャーについて熱く語り合う仲だった。

 長谷川氏が希望を胸にアメリカに到着した直後、電話が鳴った。声の主は、野茂氏だった。

「どうやって僕の電話番号を知ったのかわからないけど(笑い)、わざわざ電話をかけてきてくれた。野茂君は『お前は低めにしっかりと投げさえすれば、絶対メジャーで通用するから』といってくれました。本当に嬉しかったですね。円満な移籍をさせてもらえた僕を『羨ましい』とも話していた」

 長谷川氏は1997年4月5日のインディアンス戦でメジャー初先発。10日後のヤンキース戦のリリーフ登板でメジャー初勝利を飾った。

 そして6月18日、対ドジャース戦。4万6000人の大観衆で埋まったドジャースタジアムで、ド軍先発の野茂氏が粘りの投球を続けるなか、6回裏に長谷川氏がエンゼルスの2番手投手として救援登板した。

 初の日本人投手対決──歴史がまたひとつ動いた日だった。

「2人で語り合った夢が現実になったと実感して、本当に胸が熱くなった。感無量でした」

 流暢な英語を話すことでも知られる長谷川氏。ロッカールームでウォールストリートジャーナルを読む野球選手らしからぬ姿も話題を呼んだ。

「向こうの選手はスポーツ欄しか見ないので僕が経済紙を読んでいるとチームメイトに不思議がられましたね」

 もちろん野球には真摯な姿勢で取り組んだ。テンポの良い投球で実績を重ね、メジャーでの登板数517は日本人最多を誇る。

「メジャーでも先発したかったけど、年齢や能力を考えて中継ぎを選択しました。時間をかけて各選手のデータを頭に入れて研究しましたが、全盛期のバリー・ボンズにはデータがまったく通用しなくて驚きました」

 長谷川氏が見た、今後の日本人選手の課題とは何なのか。

「僕らの時代と比べて、日本野球のアピールは格段に進んでいます。ダルビッシュや(田中)マー君らは最初から年俸や移籍金が高く、ファンや球団からの期待値は相当高い。アメリカはメディアもうるさ型なので、結果を残さないと激しくバッシングされます。これに耐えるメンタル面のタフさが重要になってきますね」

■はせがわ・しげとし/兵庫県出身・46歳。東洋大姫路高、立命館大からオリックスに入団。1997年にエンゼルス移籍、2002年からはマリナーズで活躍。現在は野球解説者。

※週刊ポスト2015年5月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
MLBの日本人最多登板 1位は長谷川滋利、2位斎藤隆、3位野茂
近鉄・鈴木啓示監督とエース・野茂英雄の確執が生まれた瞬間
野茂英雄、福本豊、伊藤智仁、王貞治の「伝説の真実」に迫る書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP