ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東宮家と秋篠宮家 公務のあり方を静養先で話し合いと関係者

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 天皇・皇后が担ってきた「こどもの日」「敬老の日」の施設訪問が、今年からそれぞれ東宮家と秋篠宮家に引き継がれることになった。今年の分担は皇太子が「こどもの日」、秋篠宮が「敬老の日」。宮内庁が両家と相談し、決まったという。だが、例年5月前半に行なわれることの多い「こどもの日公務」がいつになるのかは、本稿締め切りの5月14日時点でも発表されていない。

 東宮家と秋篠宮家の公務負担のバランスが偏っていることは、宮内庁内でも問題視されている。

 本誌取材によれば、5月に予定されている皇太子の公務(14日現在)は27日のオペラ鑑賞、29日から宮崎県での「みどりの愛護のつどい」だが、雅子妃の予定はすべて白紙だ。

 秋篠宮夫妻は、13日の「全国赤十字大会」(紀子妃のみ)以降も、14日「大聖寺文化・護友会」(紀子妃のみ)、20日から1泊で「高野山開創1200年記念大法会」、22日「結核予防会」(紀子妃のみ)、25日「千鳥ヶ淵戦没者墓苑拝礼式」、同日に「セーブ・ザ・チルドレンチャリティ ディナー」(紀子妃のみ)と、タイトなスケジュールが組まれている。

 これまでも両家の対照的な姿は指摘されてきたが、年齢を重ねて天皇・皇后の公務を引き継ぐケースが増えるようになって、その対比はより鮮明になってきている。

 東宮家と秋篠宮家は、5月4日に、静養先である栃木県の御料牧場の貴賓館で、ともに夕食を楽しんだ。

「今後の公務についての話し合いも、その場でもたれたのではないか」(宮内庁関係者)と期待されている。皇太子は「秋篠宮とは様々な事柄について話し合う機会がある」(2011年誕生日会見)と語り、秋篠宮も「天皇の公務に定年制を取り入れることは一つの考え方」(2011年誕生日会見)と、高齢の天皇の公務軽減について言及している。

※週刊ポスト2015年5月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
東宮家と秋篠宮家両夫妻 確執報道渦中に笑顔で公の場に登場
佳子さまの伊勢参拝で見えた東宮家と秋篠宮家の明確な格差
眞子さま 就職せず公務専念 悠仁さまの相談相手にという声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP