ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KingRoot : 様々なAndroid端末をroot化できる中国発のワンクリックroot化アプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy S6 / S6 edge を含む Android 2.x ~ Android 5.1 を搭載した最近の主要なスマートフォン・タブレットを root 化できると言われる root 化アプリ「KingRoot」が中国の WEB サイトで配布されています。KingRoot は、アプリのボタンを一度タップするだけで Android 端末で root 権を利用できるようにするアプリ。root 化の過程で SuperUser に代わる root アクセス管理アプリ「KingUser」が導入されます。KingRoot をインストールする際には電話番号やアドレス帳、インターネットなど、様々な機能へのアクセス要求が表示されるので、個人情報を集収して他社に流出させるアプリとも見られますが、KingRoot の提供元は、アプリが読み取った情報は ROM 別に用意された root 化のためのコンフィグレーションファイルを識別し、ダウンロードできるようにするために用いられ、サーバには保存されない。IMEI は root 化の成功率を正確に計算するために使用し、読み取った後は別の数字に変換するので、たとえ漏れても安心だと説明しています。

それでも、APK ファイルのインストール時には Google Play のマルウェアスキャンに引っかかるので、ウィルス被害や個人情報の流出が懸念されます。気になる方は利用しないことをおすすめします。

注意:Android 端末の root 化はメーカーやキャリアの製品保証を無効にしてしまう行為です。また、root 化することで普段は手出しできない部分が制御可能になることから、操作の内容によっては端末の故障や破損を招くこともあります。root 化される場合はあくまでも自己責任の下で行うようにしてください。

Source : www.kingroot.net


(juggly.cn)記事関連リンク
米Amazon、SHIELDコンソールの500GBモデルを「SHIELD Pro」と表示
Google PlayミュージックWEB版のデザインがMaterial Design仕様にリニューアル
ラトックの多機能Bluetoothタグ/キーファインダー「REX-SEEK2」が発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。