ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファーウェイ「honor6 Plus」を楽天と組んで発売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ファーウェイ「honor6 Plus」を楽天と組んで発売へファーウェイ・ジャパンはは5月20日にSIMロックフリーの新モデルに関する記者発表会を実施。スマートフォンなど3機種を、同社の公式オンラインストア「Vモール」で発売すると発表しました。
中でも注目されるのは「honor6 Plus」です。

ファーウェイ「honor6 Plus」を楽天と組んで発売へ

 これは、ジャパンディスプレイ製の5.5インチディスプレイに、オクタコアCPUの「Hisilicon Kirin 925」、3GBのメモリなどを搭載した、ファーウェイのフラッグシップスマートフォンです。

ファーウェイ「honor6 Plus」を楽天と組んで発売へ

 最大の特徴は、背面に800万画素のカメラを2つ搭載した「ダブルレンズ」仕様であること。2つのカメラレンズを持つことにより、視差を活かして0.1秒と高速でピント調節できるようにしたほか、F値が0.95と、肉眼よりも明るい写真の撮影が可能になったとのこと。

ファーウェイ「honor6 Plus」を楽天と組んで発売へ

他にも、撮影後にも焦点や絞りを変更し、一眼レフのようなぼかしを再現できる「ワイドアパーチャ」モードや、夜景を美しく撮影する「Super Night」モードなどを実現。充実のカメラ機能を備えています。

 

honor6 Plus以外にも注目デバイスが! 

ファーウェイ「honor6 Plus」を楽天と組んで発売へ ファーウェイ「honor6 Plus」を楽天と組んで発売へ

さらにファーウェイ・ジャパンでは、「honor cube」と「MediaPad T1 7.0」の2機種も発売すると発表しています。honor cubeは、ハードディスクを内蔵することで、スマートフォンやパソコンなどから写真や動画を取り込み、テレビなどに接続して大画面で閲覧できるホームデバイス。家庭用Wi-Fiルーターとしても利用可能であり、ハードディスクを別途用意するタイプと、1TBのものを内蔵しているタイプの2種類が用意されます。

ファーウェイ「honor6 Plus」を楽天と組んで発売へ

そしてMediaPad T1 7.0は、エントリー向けのAndroid 4.4搭載7インチタブレット。1.2GHzのクアッドコアCPUや4100mAhの大容量バッテリーを搭載しながら、重量は278gと軽量・コンパクト。最大のポイントは価格で、9,980円(税別)と、なんと1万円を切る価格で提供されるとのこと。

ファーウェイ「honor6 Plus」を楽天と組んで発売へ

これら商品はいずれも、楽天市場に設けられた同社の公式オンラインストア「Vモール」で販売されるとのこと。honorは中国などでもオンライン販売専用のブランドとして位置付けられていることから、日本でも同様の販売施策を取るようです。

 

ファーウェイ・ジャパンの戦略とは?
ファーウェイ・ジャパンのバイスプレジデント デバイスマネージャーである呉波氏は、5月1日に実施されたSIMロック解除義務化によって、今後販売奨励金によるスマートフォンの割引が減少し、日本と世界の市場が近くなってくると予測。そこで今後は、高い品質とコストパフォーマンスを備えたSIMフリー製品を日本市場に提供していきたいと話しています。

ですが呉氏は、SIMフリー端末を1年間販売した中で、いくつかの課題に直面したとのこと。

ファーウェイ「honor6 Plus」を楽天と組んで発売へ

そうした中でも今回は、量販店以外の販売チャネルをいかに拡大するかという課題を解決するべく、楽天と独占的なパートナーシップを締結したとのこと。楽天市場で「Vモール」を展開するとともに、「honor」シリーズの製品を投入するに至ったと説明しています。

ファーウェイ「honor6 Plus」を楽天と組んで発売へ

中国のファーウェイ本社でhonorシリーズの最高責任者を務めている、コンシューマー事業 honorビジネスユニット プレジデントの趙明氏は、honorのコンセプトと実績について説明しました。

honorは夢を実現したい若い人や、フレッシュな気持ちを持つ人に向けたシリーズとして、2013年12月に立ち上げたもの。約1年間で2000万台を出荷しており、うち中国国外での出荷台数は10%を占めるとのこと。今年度はその倍となる、4000万台の出荷を目指しているとのことです。

ファーウェイ「honor6 Plus」を楽天と組んで発売へ

honorの日本進出について、趙氏は「日本はユニークなマーケットで、ライフスタイルを具現化できる所。honorに新しい要素を与えてくれる」と話しています。独自性の強い日本市場で成功を得ることが、honorにもよい影響を与えると考えているようです。

ファーウェイ・ジャパンと独占契約を結んだ、楽天の代表取締役副社長執行役員 兼 フュージョンコミュニケーションズ代表取締役会長の平井康文氏は、「honor6 Plusは格安スマホとは一線を画す最高峰の端末。楽天モバイルの春夏モデルのフラッグシップと位置付けて販売する」と話し、Vモール上だけでなく、楽天モバイルでもhonor6 Plusを販売することを明らかにしました。

ちなみにhonor6 Plusの価格は一括払いで45,800円(税別)ですが、楽天カードによる分割払いでは、24回払いで2,061円(税込)で購入できるとのことです。

ファーウェイ「honor6 Plus」を楽天と組んで発売へ

honor6 Plusの販売はオンライン限定ですが、渋谷、二子玉川、仙台にある楽天モバイルの店舗でタッチ&トライを実施しており、端末に触れてから購入を判断することもできるとのこと。またhonor6 Plusの発売に合わせて、「honorの斬新なイメージにピッタリの人」(平井氏)を起用したテレビCMを、近日中に放映することも予定しているようです。

平井氏は「楽天グループ全体でhonorブランドを大切に育てることを強く約束する」と話しており、その力の入れ具合を見て取ることができます。ファーウェイと楽天のタッグで、どこまでhonorシリーズの存在感を高められるかに注目したいところです。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。