ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

梅雨でキツくなる加齢臭対策

DATE:
  • ガジェット通信を≫

臭いが強烈な人ほど自覚がない

猛暑を感じさせる2015年。最近は気温上昇に伴い、半袖姿も見られるようになりました。6月に入れば梅雨に入り、汗や湿気によって「臭い」が目立つようになります。特に中高年層の男性にとって気になるのは、自分から発せられる「加齢臭」です。

自分の臭いに気が付いていれば対策は取れますが、臭いが強烈な人ほど自覚がないことが多いようです。加齢臭についての情報はたくさんありますが、サプリを摂取したり、石鹸を使ったりで済むような簡単な話ではありません。加齢臭に関しては男性がターゲットになりやすいようですが、女性も同じように対策が必要です。そこで、加齢臭などの臭いに対する対処・改善法を紹介します。

予防のポイントは、お風呂と食事

①お風呂はシャワーではなく、湯船に浸かることを意識しましょう。臭いの抑制には毛穴を開き、汗をかくことが最も大切です。毛穴の中には、酸化した脂や汚れが詰まっているからです。汗をかかない人は、足湯、半身浴でなるべく汗をかくようにしましょう。毛穴の汚れを流すには、かなりの効果があります。

②シャンプー、ボディーソープなどは、弱酸性を使いましょう。体だけではなく、頭も毎日洗います。臭いの原因は「耳の後ろ」とよく言われますが、頭は臭いの原因の重要ポイントです。洗った後は、しっかりと乾かします。湿ったままだと、蒸れた臭いを引き起こす原因になります。また、整髪料は、香りも気にして選びましょう。

③食事は動物性の油物を控え、和食中心にします。毛穴を詰まらせる原因は外からだけではなく、食事も大きく影響します。野菜をバランス良く一日30品目を目指し、肉よりも魚、バターよりもオリーブオイルを。

できることから一つずつ実行してみてください。きっと、素敵な明日が待っているはずです。

(藤尾 陽都美/イメージコンサルタント)

関連記事リンク(外部サイト)

冬のむくみと冷え性を改善できる4種のフットケア
夜より朝、5分でできる顔の乾燥対策
女性の天敵「夏の冷え」対策

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP