ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夫の収入が上がらないのは、妻のサポート不足が原因?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 「夫の収入がなかなか上がらない…」と嘆いている皆さん、その原因はすべて夫自身にあると思っていませんか? いえいえ、あなたにも十分、責任があります。
 というのも、「稼げる男」の陰には必ずといっていいほど、夫の食事、服装など行き届いたサポートをする妻やパートナーがいるものだからです。

 月収15万円だった男性と結婚し、夫とともに運営する会社の経営を軌道に乗せ、結婚11年目を迎えた今なお、「満足の行く結婚生活を送れている」と語る芦澤多美さんは、まさに日々の献身的なサポートによって夫を「稼げる男」に育て上げた人物。
 『夫をお金持ちにする64の習慣』(ディスカヴァー・トゥエンティワン/刊)で紹介されている数々の習慣は、「夫を『稼げる男』にする」という意味で、どれも説得力のあるものばかりです。

■夫の場所を家のなかにつくってあげる
 「家では肩身が狭くて…」とボヤく既婚男性は少なくありません。とくに子どものいる家庭では、子ども中心の生活になりがち。結果、世のお父さんの多くは、せっかく家に帰っても、窮屈なままになります。
 そんな風にならないために、芦澤さんは「リビングに一人がけのソファやマッサージチェアなど、夫専用のぼーっとできる場所を用意してあげる」とアドバイスします。
 物理的に「お父さんだけが使っていいもの」を用意することで、夫自身に、そして子どもに、夫が「特別な存在」であることを知らしめる効果があります。これは長い目で見て、夫の自尊心を高め、パフォーマンスを高めることにつながるそうです。

■お風呂と晩酌のおつまみの準備を怠らない
 仕事から疲れて帰ってきた夫にとって、「どういう形で疲れをとり、一日を締めくくるか」は、翌日の仕事のパフォーマンスを考えると、重要な問題。
 家でのリラックスタイムの筆頭にあげられるのが、「お風呂」と「晩酌」の時間。芦澤さんは結婚以来「お風呂後に簡単な軽食を出せるようにすること」や「軽食のあとにお酒をすすめること」を実践してきたと言います。妻がこれらのサポートすることで、夫は疲れをとり、気持ちよく眠りにつくことができるのです。

■効率の悪い買い物に夫を連れ出さない
 休日、ショッピングモール内を歩いていると、疲れた顔をして、ひとりベンチに座っているお父さんを見かけることがあります。きっと家族の買い物に一日中付き合わされ、クタクタになってしまったのでしょう。本来、夫がエネルギーをチャージするための休日。なのに、「家族サービス」という名のもと、夫が逆に消耗してしまう。
 こうならないために妻ができるサポートとはなんでしょうか。芦澤さんは、買いたいものに関して、事前にインターネットで入念な下調べをするようにアドバイスします。下調べをして、ある程度買うものに目ぼしをつけることで、実際に夫に付き合ってもらってショッピングをする時間は30分以内におさめられるからです。
 このようなサポートがあるだけで、夫は時間的にも精神的にも、かなり自由になれ、充実した休日を送ることができるでしょう。

 もしかしたら、「すぐにできることなのに、やっていなかった」サポートがあるのに気づいたのではないでしょうか? ここで紹介した日常の習慣以外にも、コミュニケーションやお金の習慣など、本書では64の習慣が紹介されています。「良き妻」になるための具体的なヒントが得られるでしょう。
 本書『夫をお金持ちにする64の習慣』はオーディオブック化され、オーディオブック配信サービス「FeBe」にて配信開始しているので、忙しい時間の合間をぬって聴いてみるのもいいだろう。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
医師が教える 妻を病気にする夫の7つの言動
夫婦喧嘩にならないお金の使い方
不妊治療をやめた夫婦の壮絶レポート

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP