ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タブレット×プロジェクター×ルーター×モバイルバッテリー!? ソフトバンクがLTE対応のAndroid搭載モバイルプロジェクターを9月以降発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ソフトバンクモバイルは5月19日、記者発表会を開催。LTE対応のAndroid搭載モバイルプロジェクター『モバイルシアター』を2015年9月以降に発売することを発表しました。ZTEが1月の『CES 2015』で発表した『ZTE SPro 2』の日本向けモデルとみられます。


『モバイルシアター』は、OSにAndroid 4.4.4、2.0GHzのクアッドコアCPU、5インチのHDディスプレーとスピーカーを搭載するプロジェクター。『SoftBank 4G LTE』『SoftBank 4G』の通信に対応し、テザリングも可能なことから、LTEタブレット、モバイルWi-Fiルーターのように利用することもできます。『Google Play』に対応し、アプリをインストールして使用可能。バッテリー容量は6300mAhで、本体をモバイルバッテリーとしても利用できるという、1台何役もこなせるプロジェクターです。



最大120インチのサイズまで投影でき、明るさは200ルーメンと、プロジェクターとしての実力は十分。本体のバッテリーにより、約3時間の連続投影ができます。


『YouTube』や『Hulu』などストリーミングコンテンツの再生に加えて16GBの内蔵メモリー、最大64GBのmicroSDXCカードに保存したコンテンツを再生できるほか、外部機器とのインタフェースも充実。HDMIケーブルで接続した機器の映像、Miracastで接続したスマートフォンやタブレットの映像を再生することもできます。USBポートの用途は不明ですが、ZTEの発表によるとUSBスティックの接続ができるとあるので、USBメモリーのコンテンツも再生できるのかもしれません。

ZTE reveals next generation smart projector, Spro 2, at the 2015 Consumer Electronics Show – ZTE Corporation
http://wwwen.zte.com.cn/en/press_center/news/201501/t20150106_430660.html

LTE機器のため、購入時にはソフトバンクの回線契約が必要となりますが、料金プランなどは検討中とのこと。今後の発表に注目しましょう。

『モバイルシアター』主な仕様
通信方式:
W-CDMA方式(900MHz/2.1GHz)
FDD-LTE方式(900MHz/2.1GHz)
AXGP方式(2.5GHz)
サイズ:約W134×H131×D33.3mm
重量:約579g
ディスプレー:約5インチHD 1280×720
最大輝度:200ルーメン
投影サイズ:最大120インチ
投影時間:約3時間
外部メモリー:microSDXCカード 最大64GB
内蔵メモリー(ROM):16GB
内蔵メモリー(RAM):2GB
CPU:2.0 GHz クアッドコア MSM8974
電池容量:6300mAh
Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n(2.4GHz、5GHz)
Bluetooth:Ver 4.0
プラットフォーム:Android 4.4.4
カラーバリエーション:シルバー

モバイルシアター | プロジェクター(モバイルシアター) | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク
http://www.softbank.jp/mobile/products/projector/mobile-theater/

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP