ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

会計を割り勘「私はあまり飲み食いしてない!」と幹事に抗議

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 倹約家といえば聞こえがいいが、ケチといわれると、なんだかあまり関わりたくないイメージ。群馬県に住む飲食業の男性Mさん(43才)は、奥さんがケチで困っているという。

 * * *
 ケチというレベルじゃない。妻(39才)はお金が出ていく話になるとワケがわからなくなるんだ。

 この間のオレの親戚の法事の時だって、「一緒に行く?」と誘えば「うん、行く」ってここまではふつう。けど、「御仏前に5000円包む」と言うと、みるみる目が尖ってきて「それ、おかしいわ」と言い張る。

 面倒だから「じゃ、オレの小遣いから出す」と言うと「そおお?」って、法事の席では誰よりも飲んで食べてたっけ。

 ママ仲間の飲み会に行けば「ひとり2030円の割り勘はおかしい。私はビール中生1、2杯と、から揚げと、サラダ少ししか食べてないのよ」と、幹事に文句をつけて、二度と誘われないし。

 オレの姉や、ご近所、パート仲間とも1000円単位の小金のことでモメて、次々と絶縁。

 そのくせ、大金はピンとこないらしく、オレが親からもらった株券は6年も行方知れず。「そのうち出てくるって」って、なんで笑っていられるんだ?

※女性セブン2015年5月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
一口ちょうだい女性 姪っ子のハンバーガーの3分2をガブリ
飲みかけボトル線引き男「俺のジュース飲んだろ」と妻に詰問
ケチ開業医 辞める看護師に採血失敗時の注射針の代金を請求

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP