ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

すいか収穫量日本一の熊本県 旬は5月、寒暖差で甘くなる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 すいかの収穫量日本一なのが熊本県。夏のものと思われがちなすいかだが、熊本のすいかの旬は5月。今は収穫の真っただ中だ。

「甘さを決めるのは寒暖差。朝夕が冷え込む春は、日中との温度差が大きいから、すいかが一層甘くなるんです」

 と、すいか生産者の荻生省蔵さんは言う。夏前に収穫した熊本のすいかは濃厚で甘く、シャリッとした食感もいい。

 荻生さん一家は、1シーズンで1万個ものすいかを出荷するが、形のいい大きな実を実らせるためには、日々の整枝作業や摘果作業も欠かせない。

「手を触れてやるとすいかはぐっと大きくなる気がするんです。気持ちが伝わるんですかね」(省蔵さん)

 妻の真由美さんも「大きくなれ」と毎日すいかに話しかける。たたくとポンポンと軽やかな音がするのが食べごろ。甲高い音がするのは早すぎ、逆にぼこぼこと鈍い音がするのは熟しすぎだ。

「畑ですいかを食べると、一瞬で汗が引いて力が湧いてくるんですよ」(省蔵さん)

※女性セブン2015年5月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【道州制変化予測・九州州】「熊本をワシントンに」運動展開
スザンヌおすすめの熊本の玉名ラーメンは「クセになります」
抜け毛男性 こっそりブラシで頭を叩いて地肌赤むけの逆効果

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。