ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女子大生もサラリーマンも大絶賛の「豚のしょうが焼き」が絶品 / インドール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高校生、女子大生、サラリーマン、ありとあらゆる層が絶賛している、豚のしょうが焼きの名店がある。味付けはガツンとくる濃いめ。しょうがもタレも強烈なパンチを浴びせてくる豪快なテイスト。

・豚のしょうが焼きの名店
この豚のしょうが焼きさえあれば、ご飯を2杯、いや、3杯、4杯は食べ切れそうである。そんな豚のしょうが焼きの名店が、東京飯田橋(神楽坂)にあるのだ。

・カレーライスも美味しいのだが!?
その店の名は『インドール』。もともとはカレーライスをメインの料理として出していたが、いつの間にか、豚のしょうが焼きのほうが人気が出てしまい、いつしか店頭に「名物! 豚のしょうが焼き」という看板まで掲示してしまった。

・もっと美味しかったというだけ
カレーの立場がなくなってしまった? いやいや、カレーはカレーで美味しいのだが、豚のしょうが焼きはもっと美味しかったというだけのこと。

・すし詰め状態のカウンター席
あまりにも狭い店内に、女子大生、サラリーマン、パチンコ屋の店員と、あらゆる人たちがすし詰め状態になってカウンター席に座っている。

・オバチャンがサービスで冷奴や野菜の漬物
定食メニュー存在しないので、ご飯や豚汁を食べたいときは単品で注文する必要がある。豚のしょうが焼きが550円、ライスが150円、豚汁が50円、合計700円。セットで注文すると、オバチャンがサービスで冷奴や野菜の漬物などを出してくれる。

・しょうがとタレのディープな味
さっそく出てきた豚のしょうが焼き。見た目はかなり濃いが、食べてもかなり濃い! ガツンとくるしょうがとタレのディープな味。もちろん逃げ場はライス。ガッツリとライスを食べて、次の豚しょうが焼きに挑む!!

・この濃さだからライスが美味しい
豚汁もかなり濃いめなのだが、それでもまったく苦にならない!! むしろ、この濃さだからライスが美味しいともいえる。味付けのバランスが極端に振り切れている。だがそれがいい!

・豚のニンニク焼きも大人気!!
ちなみここ、豚のニンニク焼きも大人気。2回目はぜひともそれを食べて欲しい。カレーはいつ食べればいいのか? 3回目にどうぞ。

インドール
住所: 東京都新宿区神楽坂1-14
時間: 11:30~21:30 土11:30~15:00
休日: 日祝

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/05/19/indorl/
Vai: インドール

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP