ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Album Review: ゼッド 心のメモリーもペイント!サウンドtoカラーリングのコラボレーション

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 デヴィッド・ゲッタ、カルヴィン・ハリスに続いて、EDMブームに則った第3の貴公子、ゼッド。前2者とはまたテイストの違う、ポップな印象を受けるのは、耳心地の良いサウンドと、つぶらな瞳が印象的なビジュアルも…含めて。

 DJとしてのお仕事はもちろんのこと、ジャスティン・ビーバーの「ビューティー・アンド・ビート」からはじまり、レディー・ガガのアルバム『アートポップ』、昨年大ヒットした、アリアナ・グランデの「ブレイク・フリー」など…プロデュース業も絶好調!日本では、女王・安室へ「ヘヴン」を提供したことで、知名度も急上昇したはず。

 一方、平行してリリースした、自身のオリジナルアルバム『クラリティ』(2012)も、タイトル曲がクラブ・チャートでNo.1に、翌年のグラミーでは、「ベスト・ダンス・パフォーマンス」を受賞するなど、こちらも大成功!アメリカのミュージックシーンから、EDMが影を潜めはじめている今日…ハヤリに左右されず、ブレをみせない姿勢はさすが、異名“プリンス・オブ・EDM”だけは、ある…と、感心いたしました。

 ゼッドのサウンドは我々、日本人の耳に心地よく馴染む。デジタル・サウンドを取っ払って、J-POPにすんなり適用できそうなメロディー・ベースが、身体にフィットするから。本作、『トゥルー・カラーズ』にも、そんなポップでキャッチーなトラックが満載で、1曲1曲に、“テーマ・カラー”がペイントされた、カラフルなサウンドが楽しめます。

 スペイシーなオープニングからはじまる「アディクテッド・トゥ・ア・メモリー」から 、セレーナ・ゴメスのエキゾチックなヴォーカルを活かした、先行シングル「アイ・ウォント・ユー・トゥ・ノウ」、ジョン・ベリオンがゲスト参加した「ビューティフル・ナウ」と…フロアライクなナンバーがノン・ストップ。ほかにも、『ウルヴァリン』で少年期を演じ、カミングアウトも話題となった、トロイ・シヴァンや、今年のサマソニにも出演予定の、エコスミスなど、ゲスト陣もバリエーション豊かで、カラフル!

 約3年振り、2ndアルバムとなる本作『トゥルー・カラーズ』を引っさげて、6月には来日公演も決定。開放的になる夏のナイト・フロアに、海風を感じながら走る夜の高速に…心のメモリーも、カラーリングしてくれるはず!

 そういえば、昨年の夏を彩ったマジック!「ルード」の、リミックスもすばらしい仕事っぷりでした。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『トゥルー・カラーズ』
ゼッド
2015/05/20 RELEASE
2,376円(tax incl.)

関連記事リンク(外部サイト)

ゼッドの出演が決定、サマソニ第10弾アーティスト発表
ゼッド、6月東阪にて新作ALリリース記念来日ツアーが決定
アリアナ・グランデ、ゼッド・プロデュースのEDMシングルを公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP