ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アニメ『君嘘』クラシック・コンピ第一弾が首位、25週連続のチャートインを達成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、アニメ『四月は君の嘘』の第1弾コンピ・アルバム『四月は君の嘘 僕と君との音楽帳』が2位以下を大きく引き離し、首位に返り咲いた。今週で25週連続のチャートインとなった。第2弾『四月は君の嘘 トゥインクル リトルスター』も6位となり、この2アイテム同時のチャートインはこれで連続8週目となった。5月15日には原作『四月は君の嘘』コミックス最終巻発売となり、それを記念してオンデマンド番組にて期間限定でアニメ全話配信開始。アニメ終了となった今でもイベントが続々と開催され、話題の途切れないこの2アイテム、まだまだチャートを賑わせてくれそうだ。

clasic.jpg

 巨匠オットー・クレンペラー指揮による『バッハ マタイ受難曲』が、SACDハイブリッドで発売される。2015年、アビイロード・スタジオで、オリジナル・アナログマスターより、96KHz/24bitでリマスター作業を新たに行ったもの。クレンペラーならではの堂々たるアプローチが堪能できる。福音史家にはピーター・ピアーズ、フィッシャー=ディースカウがイエスとなっており、シュヴァルツコップもソリストとして参加するなど、往年の名手達の息吹が感じられる名盤の一つと言えるだろう。国内盤のみの発売予定。

 3位はソプラノ幸田浩子のニューアルバム『スマイル -母を想う-』。今回で4週連続の上位チャートインを果たした。シューベルトをはじめとした三大子守歌、賛美歌、ミュージカルなど、世界の愛唱歌や思い出の歌を通して亡き母への心情を表現したアルバム。リリースを記念して5月8日にはビルボードクラシックスによる幸田浩子のソプラノリサイタルが開催された。オペラ、リサイタルなどへの出演予定だけでなく、BSフジ『レシピ・アン』へのレギュラー、オンエア中のTVCMでの歌唱などのメディアでの活躍もいま注目されている。

text:yokano

関連記事リンク(外部サイト)

5月25日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
ビートルズ等のクラシックカバーで人気“1966 QUARTET”ライブハウスツアー決定
八神純子、5月フルオーケストラ公演に向けてコメント発表 「想像しただけでぞくぞく」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP