ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TM NETWORK 再始動後の6本のライブ 小室哲哉の解説と共に8時間半一挙放送

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 TM NETWORK再始動後の6本のライブを小室哲哉自身による解説と共に、5月24日 WOWOWにて8時間半一挙放送することが決定した。

 2014年にデビュー30周年を迎え、アニバーサリーツアーを超満員の各会場で精力的に披露。今年3月22日に横浜アリーナで開催した【TM NETWORK 30th FINAL】でもって30年間に一区切りをつけた。そんな彼らの2012年から現在までの再始動後に行ったライブ6本を8時間半にわたり一挙放送する。

 その内容は、5年ぶりにTM NETWORKとしての活動を再開した2012年4月 日本武道館で行われた【TM NETWORK CONCERT ?Incubation Period-】、翌2013年7月にさいたまスーパーアリーナで行われた【TM NETWROK FINAL MISSION ?START investigation-】、30周年メモリアルイヤーの幕開けとなった2014年の全国ツアー【TM NETWORK 30th 1984~ the beginning of the end】の東京国際フォーラム ホールAでの公演、そして今年2月にさいたまスーパーアリーナで行われた【TM NETWORK 30th 1984~QUIT30 HUGE DATA】と、アニバーサリーイヤーの締めくくりとなった3月22日 横浜アリーナで行われた【TM NETWORK 30th FINAL】。さらに、初のロックフェス参加となった2014年12月30日【COUNTDOWN JAPAN 14/15】でのステージパフォーマンスもお届けする。

 今回の一挙放送で小室哲哉は、TM NETWORKで活動してきた30周年についてと共に、放送される6本のライブを振り返り、解説を行う。2012年の武道館公演を決めた時、すでに今年3月に横浜アリーナで行われた【TM NETWORK 30th FINAL】までのストーリーや展開が頭の中にはあったそうで、「細かい設定とかまでは決めてなかったと思いますが、確実にひとつ頭の中にあったのは「Fool on the planet」で終わるということでした。また、サポートメンバーはいましたが、基本的に“この3人でやってるんですよ”というのを見せたかったというのもありました」と語っている。

 ひとつのライブから、また次のライブへ。バトンリレーのように繋がっていった今回の一連のライブ。それぞれの公演での始まり方と終わり方にも、強いこだわりが感じられる。「アメリカのテレビドラマ『24-TWENTY FOUR-』って、必ず“次が観たい”と思わせる演出があって。それはすごく画期的だと思ったんです。そういう部分はとても参考になりましたね」

 コンセプチュアルなステージセットや国内外で撮影された映像も、ライブの大きな見どころだ。「2015年の「HUGE DATA」ではLEDを使ったビジョンをメインに使ったんですけど、LEDが進化して精度が加速度的に上がったんです。だったら映像をたくさん使いたいなって。大変だったのは、映像を実際に撮ってくる作業。海外だとロンドン、ジャカルタ、ニューヨーク、香港。国内だと福島、都内と横須賀。スタッフと二人だけで撮りに行って、場所によっては僕ひとりという時もありました。6割ぐらいは僕が撮った映像なんじゃないかな」

 その映像で展開されるストーリーは【TM NETWORK 30th FINAL】終演後、超満員のファンに彼ららしい方法で“バトン”を託すという形で幕を下ろした。この“バトン”にも3人のいろんな想いが込められているのではないだろうか。「1980年代の頃からTM NETWORKのライブに一貫して登場してきたのは“バトン”なので、聖火リレーみたいなものですかね。このバトンの意味は、みなさんで考えてみてください」

 2012年から3年をかけて展開してきたライブの数々。これは1980年代から続く壮大なストーリーのクライマックスでもある。5月24日はまさに“TM NETWORK DAY”。午後1時30分からの8時間半、6本のライブ映像と小室哲哉自身のインタビューを合わせ、TM NETWORKの世界をたっぷりと楽しんでもらいたい。

関連記事リンク(外部サイト)

TM NETWORK『CAROL』組曲も披露した【HUGE DATA】放送決定 5/24には【TM NETWORK 30th FINAL】も
TM NETWORK デビューから10年間の伝説的ライブ収めたDVD発売 貴重な未発表映像も
TM NETWORK 30分に及ぶ「TK SOLO~Get Wild 2015」など強烈なFINAL公演 活動30年間の末にFANKSへ託したバトンの意味

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP