ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エアアジアグループと関係が深いチューンホテルズ / タイに新ブランド『レッドプラネットホテル』展開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AirAsiaグループと関係の深い格安ホテルチェーン『チューンホテルズ』は、シティリゾートに特化したサブブランド『レッドプラネット』の展開を進めており、タイ国内に展開している4カ所のホテルを4月から一斉にリブランドしました。

バンコク・スクンビット14(クロントイ区)にあるアソーク店ではロゴが変わり、屋上にアルファベットのRの字を象った大きな看板が取り付けられました。

設備自体は大きく変わっておらず、7階建て140室の日本でいうところのビジネスホテル仕様を維持。ASEAN諸国や姉妹ホテルのあるイギリスなどからの旅行者に多く利用されているとのことです。

また、スリウォンナラティワート交差点そば(バンラック区)で工事が進められているバンコク2号店は最初からレッドプラネットになることが決まっており、こちらでは中国語の『火星酒店』というロゴも見られます。

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2015/04/28/redplanet/
執筆: Traveler’s Supportasia http://supportasia.blogspot.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP