ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タイに行ったら「絶対にやってはいけない3つのルール」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国が違えば文化も違います。私たち日本人が常識だと思っていることでも、他国では非常識になることが多々あるのです。それが「良かれと思ってやったこと」だとしても、相手を激怒させてしまうことがあります。

・意外にもやってしまう人が多い
今回は、東南アジアの国タイで「絶対にやってはいけない3つのルール」をご紹介したいと思います。意外にも知らずにやってしまう日本人が多いので、今子タイに行くという人は、呼んで損はないと思いますよ。

・絶対にやってはいけない3つのルール
1. 子どもの頭をなでてはいけない
タイでは、頭に神様や神聖なものが宿っているという考えがあります。よって、子どもの頭を触るという行為は、神聖なものを汚すことにつながります。もっと深い意味があるのですが、とりあえずは「子どもの頭はさらわない!!」と覚えておけば、間違いはないでしょう。

親がいる前で子どもの頭をなでてしまった日本人女性が、ひどく説教されたケースもあります。わからなかったとはいえ、そうなったら謝るしかありません。

2. 大声で話してはいけない
タイ人は大声で叫んだり怒ったりすることを嫌います。どんなに激怒していても、できるだけゆっくりと、そして静かに(普通の声で)話すように心がけています。タイ人に対して大きな声で叫んだり怒ったりする行為は、場合によっては暴力事件に発展することもあるので、絶対に避けましょう。

3. 男性は女性っぽく話さない
これは「絶対にやってはいけないルール」というより、「勘違いされる恐れがあるから守ったほうが良い」というレベルの話。男言葉や女言葉が日本にもあるように、タイにもあります。たとえば挨拶の「サワディーカー」ですが、女性は「サワディーカーー」とのばし、男性は「サワディーカッ」と鋭く止めます。

男性なのに「サワディーカーー」と話していると、「この人はレディーボーイなのかな?」と思われ、そういう系の人たちに誘われたり、気持ちをぶつけられたりすることがあります。その気がないなら、男性は「サワディーカッ」「コップンカッ」「アライナカッ」と、鋭く止めて話しましょう。

・外国人でも許してもらえない!?
いかがでしたか? 知らないうちにやってしまったことはありませんか? 特に「子どもの頭をなでてはいけない」は常に念頭に置いて行動したほうがよいと思います。

「外国人だから風習を知らなかったんだろう」と許してくれる人ばかりではありません。大きなトラブルにつながることもあるのです。

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2015/05/18/thai-ng/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP