ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大相撲の土俵の上にある屋根って、なんで浮いてるの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

相撲画像:白鵬オフィシャルブログより
大相撲の夏場所も10日目を終え、横綱の白鵬が1敗、それを大関対決を制した稀勢の里や、関脇で2場所連続勝ち越しを決めた照ノ富士など、計5人が2敗で追う混戦状態となっている。
大相撲の中継を見ていて、ふと疑問に思ったのが、「土俵の上にある屋根って、なんで浮いてるの?」ということ。正確には吊るしてあるのだが、柱があれば吊るす必要もないのでは?みなさんは、なぜこの屋根が吊るされているのか?なぜ柱が無いのか?ご存知だろうか・・・。
実は、この「吊り屋根」、もともと柱があったのだが、ある理由でその柱を撤去したのである。その理由とは、なんと「テレビ中継の邪魔になるから」!
1953年にスタートした相撲のテレビ中継。その前年の秋場所、「テレビカメラのジャマになる!」という理由で、それまで土俵上の屋根をガッチリ守ってきた四隅の柱が一斉撤去!(代わりに4色【赤、青、白、黒】の房が下がっている。)
以来、縦横10メートル、高さは8.6メートル、総重量6トンの屋根は、60トンの重量に耐えられる太さ2.2センチのワイヤーで支えられている。柱を撤去されて以降、テレビ中継時はもちろん、「館内のどこからでも見やすくなった!」と、観客にも大好評なのだとか。

参考:「スポーツ報知」(1999.05.13)「朝日新聞」(2003.07.03)

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】横綱が立ち合いで変化するのって、アリ?
【どっちのミカタ?】糸井重里も激怒!野球中継で試合展開に関係なくCMを入れることについて、アリ?ナシ?
バドミントンの超絶ラリーが凄すぎる!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。