ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人生変わる?“家電コンシェルジュ”が常駐する「蔦屋家電」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月〜木)午前の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「PIN UP」。5月19日のオンエアでは、「蔦屋家電」を紹介しました。

二子玉川ライズに、今月3日にオープンした同店。代官山の「蔦屋書店」が、本や雑誌を通してライフスタイルを提案することに対し、同店はそれに+αとして“家電”を通じた未来のライフスタイルを提案するお店なのだそう。

「たとえば、洗濯機が女性のライフスタイルを変えたり、テレビが家庭の団欒を変えたり、今だったらスマートフォンがみんなの生活を大きく変えてきましたよね。そういう生活を変えるものと、その先の生活を提案したいとの想いで、今回は家電に取り組んでみました」(PR担当の元永純代さん)

「蔦屋書店」がさらに進化を遂げた形の「蔦屋家電」は、従来の家電店と異なり、緑が多くブックカフェのような雰囲気。アートや本と共に家電がディスプレイされています。広さは蔦屋書店の2倍以上ある2200坪。1階は、オーディオやテレビ、カメラ、モバイルなどの黒物家電、2階は、食・美容・健康など生活をテーマにした商品がそろっています。ラウンジやカフェスペースも広く、ゆったりと寛ぐことができそう。

特徴は「コンシェルジュ」の存在。「BOOKコンシェルジュ」「家電コンシェルジュ」がそれぞれ、ジャンル別に常駐しています。家電コンシェルジュで、モバイルアクセサリー・ガジェット部門担当者のオススメは、「Moff Band(モフバンド)」。手首につけてスマートフォンやタブレットと連携するおもちゃで、手の動きに合わせた効果音が出ます。剣の音や、テニスの音、ギターやドラム音など、リアルで様々な音が楽しめます。そのほか、「BioLite(バイオライト)」という、焚き火をしながら発電ができる商品など、心躍るような品々が目白押し。

また、肌のカウンセリングを受けながら家電をセレクトしてもらえたり、キッチン家電でパンが焼かれていたりと、国内外からセレクトされた家電との出会いを楽しめる新しい家電店となっています。大人も子どもも楽しめそうですので、是非一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。家電との出会いで人生が変わるかも?

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。