ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TVにプラグを差すだけ!色盲障害者が動画を見やすくなるようサポートする「Eye2TV」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テクノロジーは人々の生活をサポートしてくれるものだが、Spectral Edgeが開発している「Eye2TV」もそんな1つ。視覚障害の一種である“色盲”の障害者を手助けするツールだ。

・テレビにプラグインするだけ 動画を鮮明に

テレビと接続するだけで、色盲の人にも観やすくなるよう、スクリーンの動画をより鮮明にしてくれるという。

ちなみに、世界の全人口のうち、約5%が色盲障害をもっているというレポートもあるようだ。色盲障害者の多くにとっては、赤色と緑色を見分けることが困難。スマートフォンやタブレットが普及したものの、そんな人々にとっては、健常者と同じように動画を観て楽しむのが難しいこともある。

・HDMI対応のTVなどに接続可能

そこで開発が進められているのが「Eye2TV」。「Eye2TV」では、Eyeteqというアプリを基盤としている。アプリは、写真のカラーを見やすく改善する色盲障害者向けのもの。この技術を取り入れた「Eye2TV」は、HDMI対応であれば、テレビ、DVDプレイヤー、ゲーム機など、どんな動画ソースであってもプラグ接続することができる。

・赤色と緑色の区別がしやすく

HDモニターやスクリーン上で表現される動く映像をより鮮明に、かつ色盲障害者が赤色と緑色を区別しやすいようにしてくれる。

・リモコンで設定の調整ができる

ユーザーは、自分の状況に合わせて、Bluetoothのリモートコントローラーで設定を調節することが可能だ。

ところで、この「Eye2TV」がすごいのは、色盲障害者の動画閲覧を補助してくれると同時に、健常者が同じ映像を見ていても負担がないという点。つまり、両者が一緒に、その場で映像を楽しむことができるのだ。

・Kickstarterでキャンペーン開催中

現在、資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを開催中だ。興味がある人はお早めにチェックを。

Eye2TV

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP