ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

6月から改正道路交通法が施行

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 自転車で信号無視をしたとして、道交法違反で書類送検された40代の女性に対し、神戸簡裁が2015年2月に罰金の略式命令が出していたことがわかりました。自転車の交通違反は不起訴になるケースがほとんどで、罰金刑が科されるのは異例とのことです。この女性は昨年7月にも信号無視で書類送検されておりその際は不起訴でしたが、今回は悪質と判断されたと報道されています。
 最近自転車の交通ルール違反や、自転車が起こした事故をめぐる問題が増加してきています。そのような中、自転車での悪質な運転への対策を強化した改正道路交通法(道交法)が2015年6月1日から施行されます。今回は、改正内容について確認しておきたいと思います。

 具体的にどのように改正されるのでしょうか?
 自転車の運転による交通の危険を防止するための講習(自転車運転者講習)の制度が導入されます。これは、自転車運転者が危険行為を繰り返す(3年以内に2回以上)と都道府県公安委員会から自転車運転車に講習を受けるよう命令がなされ、講習を受けなければならなくなります。講習は、講習時間が3時間、講習手数料が5、700円(標準額)とされています。受講命令に違反した場合には5万円以下の罰金に処されることになっています。

 自転車運転者講習の対象となる危険行為は、次の14の行為となります(道交法108条3の4)。

・信号無視
・遮断踏切立入り
・指定場所一時不停止等
・歩道通行時の通行方法違反
・ブレーキ不良自転車運転
・酒酔い運転
・通行禁止違反
・歩道通行時の徐行違反
・通行区分違反
・路側帯通行時の歩行者の通行妨害
・交差点安全侵攻義務違反等
・交差点有線者妨害等
・環状交差点安全進行義務違反等
・安全運転義務違反
 今回道交法が改正されるに至った背景には、自転車事故による被害の深刻化があります。昨今、事故を起こした自転車運転車に対して、高額な賠償金を命じる判決が出たり、自転車事故が社会問題となっています。
 平成25年には、当時小学5年生だった少年が乗った自転車と歩行者が衝突し、歩行者の意識が戻らず寝たきりの状態となったケースで少年の母親に約9500万円という高額な賠償を命じる判決が出されました。また、平成17年には携帯電話を操作しながら無灯火で自転車を運転していた女子高生が女性に追突した事故では、女子高生に対して約5000万円の支払いを命じています。

 運転するために特に免許がいらず、健康にも良く、身近な移動手段として親しまれている自転車ですが、自転車は「車両」です。人を傷つける危険性も高いということを忘れずに、安全運転を心がけましょう。また、万が一の場合に備えて、高額な損害賠償にも対応できるように自転車の事故に対応した保険の加入を検討することも重要ではないかと思われます。

元記事

6月から改正道路交通法が施行

関連情報

道交法改正・罰金は後で払う方が「お得」!?(なっとく法律相談)
運転中の携帯電話2~携帯使用に対する罰則とは~(携帯電話をめぐる法律問題)
悪質な自転車の運転(法律クイズ)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP