体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三鷹市の公立・小中一貫教育とは? 全国から視察が相次ぐワケ

三鷹市の公立・小中一貫教育とは? 全国から視察が相次ぐワケ

2回にわたって紹介する公立の小中一貫教育。前回は東京都品川区だったが、今回は東京都三鷹市の小中一貫教育を紹介する。全国の自治体から視察が絶えないということだが、どんな特徴や魅力があるのだろうか?
全ての教員が小中学校を兼務し、9年間の学力向上をサポート

三鷹市では、長年培ってきた保護者や地域住民との「コミュニティ・スクール活動」をベースとした対話・参加型の小中一貫教育を実施している。平成18年に導入して以来、小中学生の学力は向上し、中学生の不登校出現率が減少していることが、下記のグラフより分かる。

【図1】三鷹市の小学校5・6年生の平均正答率(画像提供:三鷹市教育委員会)

【図1】三鷹市の小学校5・6年生の平均正答率(画像提供:三鷹市教育委員会)

【図2】三鷹市の中学校1・2年生の平均正答率(画像提供:三鷹市教育委員会)

【図2】三鷹市の中学校1・2年生の平均正答率(画像提供:三鷹市教育委員会)

【図3】中学生の不登校率(画像提供:三鷹市教育委員会)

【図3】中学生の不登校率(画像提供:三鷹市教育委員会)

「三鷹市の小中一貫教育に視察が多い理由は、既存の仕組みの中でできるからでしょう。実際、三鷹市では小中学校の施設や体制はほぼそのままです。小中学校の教員同士はもちろん、保護者や地域住民に参画していただくことで9年間の義務教育の向上を図っています」と三鷹市教育委員会の教育施策担当課長は話す。

三鷹市には小学校と中学校が一体となった学校施設はない。小学生は小学校に通い、中学生は中学校に通う。
しかし、従来と大きく異なる点がある。それは三鷹市の全ての教員が中学校と小学校を兼務していることだ。
品川区の記事でも書いたが、小学6年・中学3年制における課題が、小学校と中学校のギャップの大きさだ。中学校に入ると授業の難易度が一気に上がり、ついていけない生徒が増える。その緩和のために三鷹市が行っているのが、小中学校の教員が相互に乗り入れて授業を行うことだ。

「中学校の数学の先生が小学校に行って小学6年生に算数を教えたり、中学校の数学の授業に小学校の算数の先生が生徒のフォローに入ったりしています。こうした相互乗り入れ授業以外に、全ての教員が系統性と連続性のある指導を9年間一貫して行うために作成した小中一貫カリキュラムに基づいて授業をしています」(担当課長)。保護者や地域住民が学校運営に参加するしくみ「コミュニティ・スクール委員会」

三鷹市の小中一貫教育のもう一つの特徴が市民の積極的な参画だ。三鷹市では市内を7つの学区(学園と呼ぶ)に分けて、学園内にあるそれぞれの小中学校の「学校運営評議会」を置くとともに、小中一体の運営ができるよう「コミュニティ・スクール委員会」という組織を設置している。

【図4】コミュニティ・スクール委員会を中核として小中一体運営を行う(画像提供:三鷹市教育委員会)

【図4】コミュニティ・スクール委員会を中核として小中一体運営を行う(画像提供:三鷹市教育委員会)

「三鷹市では、全ての小中学校に学校運営協議会を設置することが義務付けられています。メンバーは保護者や地域住民などで構成され、校長が作成する教育課程や基本方針を承認したり、学校運営に関する意見を述べたりします」(担当課長)。コミュニティ・スクール委員会が承認したことを学校運営に反映し、結果を検証するPDCAサイクルを年に2回まわすことで改善する。小学生と中学生、“縦の交流”で主体性や社会性を育む

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy